メインメニューを開く

小野 アンナ(おの あんな、本名アンナ・ディミトリエヴナ・ブブノワ(ロシア語: А́нна Дми́триевна Бубно́ва-О́но, ラテン文字転写: Anna Dmitrievna Bubnova-Ono , 1890年3月14日 - 1979年5月8日)はロシアのヴァイオリニスト。

小野 アンナ
出生名 Анна Дмитриевна Бубнова
生誕 (1890-03-14) 1890年3月14日[1]
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 サンクトペテルブルク
死没 (1979-05-08) 1979年5月8日(89歳没)
学歴 ペテルブルク音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

目次

経歴編集

父親はロシア帝国官僚、母親は貴族出身。語学と音楽に秀でた母親の影響のもとで、ブブノワ3人姉妹はみな芸術家となり、長姉マリヤはピアニストに[注釈 1]、次姉ワルワーラは美術家に成長する。

アンナははじめ5歳より母親の手ほどきでピアノを学ぶが[2]、10歳よりヴァイオリンに転じ、最初ザイツに、次にヴァンツェコワに師事[2]。さらに1904年ペテルブルク音楽院に入学し、ホヴハンネス・ナルバンジャンロシア語版に師事した。1908年から1913年まで、レオポルト・アウアーに師事。この間1911年音楽院を卒業した[2]1913年にはフリーアーチストの称号を受けた[2]ペトログラードで同地の日本人留学生・小野俊一(ロシア文学者・生物学者・昆虫学者・社会運動家)と出逢い、1917年5月に結婚。翌1918年革命下のロシアを離れ、東京に赴く。正教徒であったため、東京ではニコライ堂に通った[3]1919年長男の俊太郎を出産後、音楽の早期教育をほどこすが、1933年俊太郎が虫垂炎で少年期に夭折したため、俊一との関係もうまくいかなくなり1935年協議離婚した[2]。その後も長らく「小野アンナ」名義で日本でヴァイオリン教師として教鞭を執り、1943年毎日音楽コンクール審査員となる[2]。戦後は1946年武蔵野音楽大学教授に就任。後進を指導するかたわら、請われて桐朋学園子どものための音楽教室、同学園高等学校音楽科、同学園短期大学にも務めた[2]1959年音楽教育貢献により勲四等瑞宝章受章[2]1960年に、1958年に帰国した姉ワルワーラの後を追いソ連に渡り、グルジアスフミ音楽院にてヴァイオリン科教授に就任した。

1979年にスフミにて永眠。

2016年5月15日、多磨霊園で姉ワルワーラ・ブブノワと共に功績を称えられる記念碑が除幕され、ニコライ堂の司祭によって成聖された[4]

教育活動編集

教師としての小野アンナは、音楽教室の主宰者としてだけでなく、早期英才教育の唱導者としても知られた。また、1961年の『ヴァイオリン音階教本』(音楽之友社刊)は、理論的・体系的なヴァイオリン教本の一つとして、日本のヴァイオリン学習者に愛用されている。

なお、「自分は教育者」という信念から録音の類は一切残しておらず、小野アンナがどのような演奏をしていたかは伝聞を除くとほぼ不明となっている。

門人編集

日本人女性ヴァイオリニストの生みの親と呼ばれたように、戦前には諏訪根自子巌本真理を、戦後は前橋汀子潮田益子らを輩出した。しかしながら、男性ヴァイオリニストの浦川宜也、石川希峰に加えて、商業音楽の作曲家三木鶏郎、実際には幅広い逸材を世に送っている。小野アンナ門下には、音楽大学の教授や指揮者として活躍する人物も多い。

ブブノワ家と小野家編集

元夫の小野俊一は、財界と学界に一族が広がっており、姪にオノ・ヨーコ、後妻との息子に小野有五北海道大学教授)がいる。離婚後もブブノワ姉妹と小野家には交流があり、小野家はアンナを通じてレオ・シロタの家族とも親交が深かった。実姉ワルワーラ・ブブノワは、ロシア文学教師や挿絵画家として、小野俊一と何度か活動をともにしている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 姉妹のうち1人だけソビエトを離れたことがなかった。『回想の小野アンナ』小野アンナ記念会編、音楽之友社、1988年、p.25

出典編集

  1. ^ 『新訂 標準音楽辞典 ア‐テ』 浅香淳 編、音楽之友社、1991年10月、290頁。ISBN 4-276-00002-5
  2. ^ a b c d e f g h 『回想の小野アンナ』小野アンナ記念会編、音楽之友社、1988年、p.ⅱ
  3. ^ 2013年9月21日 アレクサンドル・クラーノフ, 「ロシアNOW」への特別寄稿
  4. ^ 東京)芸術育てたロシア人姉妹、多磨霊園に記念碑完成:朝日新聞デジタル

関連項目編集

外部リンク編集