メインメニューを開く

松山高等学校 (旧制)

松山高等学校
創立 1919年(大正8年)
所在地 愛媛県松山市
初代校長 由比 質
廃止 1950年(昭和25年)
後身校 愛媛大学
同窓会 松山高等学校同窓会

旧制松山高等学校(きゅうせいまつやまこうとうがっこう)は、1919年大正8年)に愛媛県松山市に設立された官立旧制高等学校

目次

概要編集

  • 全国で12番目、四国では最初の旧制高等学校(かつ最初の高等教育機関[1])として設立され、文科・理科よりなる修業年限3年の高等科が設置された。
  • 新制愛媛大学の前身校の一つで文理学部の構成母体となった。

シンボル編集

  • 校章は、金色の三光(真・善・美)の中央に桜の花と「高」の字を配したもの。寄宿舎は「三光寮」と呼ばれた。校訓は「厳格なる自由」。
  • 代表的な寮歌は、「暁雲こむる」「若葉の古城」「三光寮に歌う」など。

エピソード編集

沿革編集

歴代校長編集

  • 由比質:1919年(大正8年)4月15日 - 1925年(大正14年)4月
  • 橋本捨次郎:1925年(大正14年)4月 - 1927年(昭和2年)8月
  • 金子幹太:1927年(昭和2年)8月 - 1935年(昭和10年)8月
  • 西澤富則:1935年(昭和10年)8月 - 1941年(昭和16年)4月
  • 菊池清治:1941年(昭和16年)4月 - 1945年(昭和20年)11月24日[2]
  • 山本与吉:1945年(昭和20年)11月24日[2] - 1949年(昭和24年)5月
  • 井手淳二郎:1949年(昭和24年)5月 - 1950年(昭和25年)3月

校地の変遷と継承編集

 
章光堂(現・愛媛大学教育学部附属中学校講堂)

設立当初の校舎は当時の松山市公会堂を借り受けた仮校舎であり、開校2年目の1920年(大正9年)8月、市内持田町に完成した新校舎に移転した。

持田校地は空襲による校舎焼失を経て、新制愛媛大学への包括により文理学部校地として継承され、その後教育学部附属学校の校地となり現在に至っている。

現在、旧制高校時代の講堂(章光堂)は1963年(昭和38年)以降、愛媛大学附属中学校の講堂として使用され、1998年(平成10年)に国の登録有形文化財に登録された(松山市内では初)。

著名な出身者編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 高等教育機関に相当する師範学校本科第二部を除く。松山高等学校に次いで1922年(大正11年)に高知高等学校1923年(大正12年)に高松高等商業学校等が設置された。
  2. ^ a b 『官報』第5664号、昭和20年11月28日。
  3. ^ 愛媛県生涯学習センター 森 一生
  4. ^ 愛媛県生涯学習センター お - データベース『えひめの記憶』|生涯学習情報提供システム
  5. ^ a b c 愛媛大学教育学部附属中学校 章光堂について

関連書籍編集

尾崎ムゲン作成「文部省管轄高等教育機関一覧」参照

外部リンク編集