尖閣神社(せんかくじんじゃ)は、沖縄県石垣市桴海に鎮座する神社である。2000年尖閣諸島魚釣島に創建され、2019年に現在地に遷座した。祭神は伊勢神宮から勧請した天照大御神及び日本武命[1]

尖閣神社
所在地 沖縄県石垣市桴海大田273-170[1]
位置 遷座前:北緯25度44分33秒
東経123度28分17秒

遷座後:北緯24度28分13秒
東経124度13分32秒
主祭神 天照大御神
日本武命
創建 平成12年(2000年)
地図
尖閣神社の位置(南西諸島内)
遷座前
遷座前
遷座後
遷座後
テンプレートを表示

沿革編集

尖閣諸島の鎮護と東シナ海を航行するすべての船舶の安全を願い、2000年4月20日に魚釣島(沖縄県石垣市字登野城2392番地)に創建された[1][2]尖閣神社創建の事業は日本青年社の主導で行なわれ、木造のが建設された。創建に際しての神事は、戦後では初めて魚釣島に神職が上陸して斎行された。毎年、日本青年社が島内の2箇所に建設した灯台の点検整備のため魚釣島を訪れる際、例祭ならびに船舶航行安全祈願祭が行なわれている。[要出典]2基の灯台のうち、魚釣島灯台は日本青年社が所有権を放棄して政府に寄贈したため、現在では海上保安庁が管理する国有財産として登記され、海図にも記載されている。

2004年3月24日、中国人活動家7人が日本領海を侵犯し魚釣島に不法上陸[3]沖縄県警察の取り調べや実況検分により、祠に壊された形跡があることが明らかになった[4]。日本青年社は、祠等の現状調査のため魚釣島上陸を目指したが、海上保安庁により石垣港からの出港を差し止められた[5]この事件を日本青年社は沖縄県警察に訴え、被害届が受理された。日本青年社は、被害届が受理されたことは、尖閣諸島に日本の主権が及んでいる証拠と主張している[6][要出典]後日、尖閣諸島に上陸した日本青年社により祠が再建され、「尖閣神社」と揮毫された石板が設置された。祠と石板は、頑丈な花崗岩で造られている。[要出典]

2008年に祠が破壊され、それ以降は社がない状態であったが[要出典]2019年石垣島北西部の沖縄県石垣市桴海に移設・再建され、2月17日に奉祝祭が執り行われた。新しい神社は、正面から見て本殿の約160km先に魚釣島を望む位置関係にある。また、奥宮には修復された祠が納められている[1]

交通編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d “尖閣神社が移設・再建 遷座、竣工を関係者祝う 石垣市”. 八重山日報. (2019年2月18日). http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/5431 
  2. ^ 尖閣諸島実効支配”. 日本青年社 (2003年6月17日). 2019年2月18日閲覧。
  3. ^ “尖閣諸島・魚釣島に中国人7人が上陸、沖縄県警が逮捕”. 朝日新聞. (2004年3月25日). オリジナルの2004年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040404033630/http://www.asahi.com/special/senkaku/OSK200403240036.html 
  4. ^ “尖閣上陸の7人を送検へ 「尖閣は中国領土」と容疑否認”. 朝日新聞. (2004年3月25日). オリジナルの2004年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040407201238/http://www.asahi.com/special/senkaku/OSK200403250025.html 
  5. ^ “尖閣目指した右翼団体、石垣島出航差し止め 海保が措置”. 朝日新聞. (2004年3月25日). オリジナルの2020年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040407201308/http://www.asahi.com/special/senkaku/OSK200403250060.html 
  6. ^ 中国人は魚釣島に不法上陸して、神社まで破壊していた! 日本青年社・滑川裕二顧問の所懐”. サイゾー (2011年1月18日). 2011年4月27日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ “尖閣神社の案内板設置 グーグルでも検索可能に”. 八重山日報. (2019年4月7日). http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/6267