メインメニューを開く

尖閣神社(せんかくじんじゃ)は、沖縄県石垣市桴海に鎮座する神社である。2000年尖閣諸島魚釣島に創建され、2019年に現在地に遷座した。祭神は伊勢神宮から勧請した天照大御神及び日本武命[1]

尖閣神社
所在地 沖縄県石垣市桴海大田273-170[1]
位置 遷座前:北緯25度44分33秒
東経123度28分17秒

遷座後:北緯24度28分13秒
東経124度13分32秒
主祭神 天照大御神
日本武命
創建 平成12年(2000年)
地図
尖閣神社の位置(南西諸島内)
遷座前
遷座前
遷座後
遷座後
テンプレートを表示

沿革編集

尖閣諸島の鎮護と東シナ海を航行するすべての船舶の安全を願い、2000年4月20日に魚釣島(沖縄県石垣市字登野城2392番地)に創建された[1][2]尖閣神社創建の事業は日本青年社の主導で行なわれ、木造のが建設された。創建に際しての神事は、戦後では初めて魚釣島に神職が上陸して斎行された。毎年、日本青年社が島内の2箇所に建設した灯台の点検整備のため魚釣島を訪れる際、例祭ならびに船舶航行安全祈願祭が行なわれている。[要出典]2基の灯台のうち、魚釣島灯台は日本青年社が所有権を放棄して政府に寄贈したため、現在では海上保安庁が管理する国有財産として登記され、海図にも記載されている。

2008年に祠が破壊され、それ以降は社がない状態であったが、2019年石垣島北西部の沖縄県石垣市桴海に移設・再建され、2月17日に奉祝祭が執り行われた。新しい神社は、正面から見て本殿の約160km先に魚釣島を望む位置関係にある。また、奥宮には修復された祠が納められている[1]

なお、祠の破壊及びその後については、以下の異説もある。

2004年3月日本領海を侵犯し魚釣島に不法上陸した中国人により破壊された。この事件を日本青年社は沖縄県警察に訴え、被害届が受理された。日本青年社は、被害届が受理されたことは、尖閣諸島に日本の主権が及んでいる証拠と主張している[3][要出典]

後日、尖閣諸島に上陸した日本青年社により祠が再建され、「尖閣神社」と揮毫された石板が設置された。祠と石板は、頑丈な花崗岩で造られている。[要出典]

交通編集

脚注編集