メインメニューを開く
日本 > 沖縄県 > 石垣市 > 登野城

登野城(とのしろ[1])は、日本沖縄県石垣市の地名。郵便番号907-0004[1]

登野城
登野城の飛地である尖閣諸島
登野城の飛地である尖閣諸島
登野城の位置(南西諸島内)
登野城
登野城
北緯24度20分0秒 東経124度10分0秒 / 北緯24.33333度 東経124.16667度 / 24.33333; 124.16667
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Okinawa Prefecture.svg 沖縄県
市町村 Flag of Ishigaki, Okinawa.svg 石垣市
人口
2007年(平成19年)4月1日現在)
 • 合計 9,323人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
907-0004
市外局番 0980
ナンバープレート 沖縄

地理編集

石垣島中西部に位置する。島の中央部やや北にあたる於茂登岳の山麓に位置する小字嵩田(たかだ)を含む広大な地域である。人口は石垣港にほど近い南側に集中しており、石垣地方合同庁舎や八重山警察署那覇地方裁判所石垣支部、沖縄県立八重山高校石垣ケーブルテレビなどの施設が立地している。

琉球語のうち、沖縄方言等では「城」は「グスク」と読まれるが、石垣島で話される八重山方言では「スク」と読まれ、登野城も古くは「トノスク」と読まれていた[2]

歴史編集

琉球王国時代は西側の大川と共に大浜間切(現在の石垣市東部)に属し、石垣間切の石垣新川と共に石垣四箇字(いしがきしかあざ)の一つに数えられていた[3]1908年島嶼町村制の施行に伴い八重山郡八重山村八重山列島全域)に属し、1914年には八重山村より分村した石垣村(現在の石垣市西部)のとなる[4]

古くは海に面していたが、石垣港の整備に伴い埋め立てられた南側の地域が1989年八島町として分離されたことに伴い石垣島の登野城地域は海から遮断されて内陸部となった。飛地の尖閣諸島に関してはこの限りではない。

尖閣諸島編集

石垣市に属する尖閣諸島も、飛地として字登野城の一部となっており、2390番地から2394番地が割り当てられている[5]。このうち、魚釣島に割り当てられている登野城2392番地は東京都千代田区千代田皇居所在地)や島根県隠岐郡隠岐の島町竹島と同様に、本籍として人気が高い住所の一つである[6]。石垣市では、2017年(平成29年)12月の定例市議会に尖閣諸島の字を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する議案を上程する方針であったが[7]、翌年以降に先送りされた[8]。その後、2019年3月の市議会では市側から当面見送るとの方針が示されている[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 登野城の郵便番号日本郵便・郵便番号検索)
  2. ^ Vovin Alexander「琉球語、上代日本語と周辺の諸言語-再構と接点の諸問題」 日本研究 39, 11-27, 2009-03、国際日本文化研究センター
  3. ^ 吉田優子「石垣島・石垣市四箇字方言の今と「ユンタ」」 言語文化 11(4), [599]-616, 2009-03、同志社大学
  4. ^ 沿革史 : 八重山村時代 八重山広域市町村圏事務組合
  5. ^ 大濵長照. “「市長のおはようロマンメッセージ」(石垣市庁内放送)2002年7月19日放送分 (PDF)”. 石垣市. 2011年9月16日閲覧。
  6. ^ 尖閣、沖ノ鳥島、北方領土、竹島に本籍を置く日本人が増加中”. NEWSポストセブン. 小学館 (2011年1月19日). 2011年9月16日閲覧。
  7. ^ “尖閣の地名、「登野城尖閣」に字名変更へ 沖縄・石垣市 対中牽制、日本領土の決意示す”. 産経新聞. (2017年11月30日). http://www.sankei.com/politics/news/171130/plt1711300007-n1.html 2017年12月5日閲覧。 
  8. ^ “沖縄・石垣市「尖閣」字名明記、来年以降に先送りへ 中山義隆市長が表明 「手続き」理由も国と調整?”. 産経新聞. (2017年12月11日). http://www.sankei.com/politics/news/171211/plt1712110017-n1.html 2017年12月16日閲覧。 
  9. ^ “尖閣字名変更、当面見送り 市議会一般質問 ゴルフ場閉鎖で波紋”. 八重山日報. (2019年3月16日). http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/5865