尾本惠市

尾本 惠市(おもと けいいち、1933年5月16日 - )は、日本分子人類学者。東京大学国際日本文化研究センター名誉教授。

目次

来歴・人物編集

東京出身。東京大学理学部を卒業するとドイツへ留学。1972年東京大学大学院理学研究科博士課程修了、理学博士。論文の題は「Blood protein polymorphisms and the problem of the genetic affinities of the Ainu(血液蛋白の多型とアイヌの遺伝的起源の問題)」[1]。東京大学理学部助教授、1979年教授。1993年退官、名誉教授、国際日本文化研究センター教授を務め、1999年定年退官、名誉教授、桃山学院大学教授を務めた。現在総合研究大学院大学の上級研究員。専門の人類学ではアイヌ人フィリピンネグリト族の起源に関する研究で世界的な成果を挙げているほか、に対する造詣の深く、特にウスバシロチョウに代表されるウスバアゲハ亜科の系統分類学的研究で大きな成果を挙げている。将棋に対する造詣の深さでも知られている。

1987年、「ヒトの発見―分子で探るわれわれのルーツ―」で講談社出版文化賞科学出版賞受賞。2015年秋、瑞宝中綬章受勲。

著書編集

単著編集

  • 『ヒトの発見―分子で探るわれわれのルーツ―』読売新聞社 1987
  • 『分子人類学と日本人の起源』裳華房 1996
  • 『ヒトはいかにして生まれたか』岩波書店 1998 のちに改題「ヒトはいかにして生まれたか 遺伝と進化の人類学」講談社学術文庫 2015
  • 『ヒトと文明 狩猟採集民から現代を見る』ちくま新書 2016

共著編集

編著編集

  • 『人類の自己家畜化と現代』編著 人文書院 1999
  • 『日本文化としての将棋』編著 三元社 2002

共編著編集

監著編集

  • 『体から日本人の起源をさぐる』日本人はどこからきたかシリーズ 埴原和郎との共監著 福武書店 1986

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク編集