メインメニューを開く

尾鷲町(おわしちょう)は、三重県北牟婁郡にあった。現在の尾鷲市(おわせし)の北半にあたる。

おわしちょう
尾鷲町
廃止日 1954年6月20日
廃止理由 新設合併
北牟婁郡尾鷲町須賀利村九鬼村南牟婁郡北輪内村南輪内村尾鷲市
現在の自治体 尾鷲市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
北牟婁郡
総人口 19,075
国勢調査1950年
隣接自治体 三重県
北牟婁郡相賀町、九鬼村
南牟婁郡北輪内村、南輪内村、飛鳥村
奈良県
吉野郡上北山村
尾鷲町役場
所在地 三重県北牟婁郡尾鷲町
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 海洋 : 尾鷲湾
  • 山岳 : 八鬼山、高峰山
  • 河川 : 又口川、古川、矢ノ川

歴史編集

交通編集

鉄道路線編集

現在は旧町域に紀勢本線の大曽根浦駅が所在するが、当時は路線自体が未開業。

道路編集

現在は旧町域に紀勢自動車道尾鷲北インターチェンジが所在するが、当時は未開通。

地域編集

教育編集

医療編集

電気編集

尾鷲町には、1910年(明治43年)から1927年(昭和2年)にかけて尾鷲電気株式会社という電気事業者が存在し、町内への電気の供給を担っていた[1]。その後の再編を経て1951年(昭和26年)以降は中部電力の供給区域である[2]

脚注編集

  1. ^ 尾鷲市役所(編)『尾鷲市史』下巻、尾鷲市役所、1971年、332-337・515頁
  2. ^ 三重県は南牟婁郡の一部以外中部電力の供給区域。中部電力電気事業史編纂委員会(編)『中部地方電気事業史』下巻、中部電力、1995年、4-5頁

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集