メインメニューを開く

山下 治(やました おさむ、1936年 - 没年不詳)は、日本の映画監督脚本家俳優である[1][2][3][4]

やました おさむ
山下 治
生年月日 (1936-4月-15日) 1936年4月15日
没年月日 不詳年
出生地 秋田県
国籍 日本
血液型 B型
職業 映画監督脚本家俳優
ジャンル ピンク映画
活動期間 1965年 - 1969年
主な作品
脚本
犯された白衣
監督
新・情事の履歴書
情事残酷史
出演
続日本暴行暗黒史 暴虐魔
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1936年(昭和11年)に生まれる。

満29歳ころの1965年(昭和40年)、『未成熟』を初監督した(クレジットは菜穂俊一[5])。菜穂俊一(本名・菜穂進)は、ナオプロダクションワールド映画製作のピンク映画のプロデューサーを務めた人物である。同年に監督した『女の痛恨』で初めて「山下治」とクレジットされ、本格デビューした[5]

以降、約30作の作品を監督した[2][3][4]。1967年(昭和42年)12月20日、アメリカ合衆国カリフォルニア州フレズノで、山下が監督し、藤川亜紀らが出演した The Adolescent (『アドレッセント』、65年の『未成熟』と思われる)という映画が公開されている記録がある[4]。同作を米国で配給したのは、オリンピック・インターナショナル・フィルムズ(Olympic International Films)という会社である[4][6]。俳優としては同年12月、「小平事件」をモチーフに若松孝二が監督した『続日本暴行暗黒史 暴虐魔』に、「丸木戸義雄」役で主演している[3]。1968年(昭和43年)4月に公開された『情事残酷史』について、同年8月、佐藤重臣編集長時代の『映画評論』8月号に、詩人の三馬樽平が『山下治と「情事残酷史」』と題する批評で、山下と作品を紹介している[7]。このころ、中村幻児らが師事した[8]

1969年(昭和44年)1月に公開された監督作『脱獄囚の記録より 失神』を最後に、同年末にノイローゼのために映画界から姿を消す[5][9]。遺族のブログによれば、最新更新の2009年2月の時点ですでに死去していると記されている[10]

2012年(平成24年)7月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターは、脚本に参加した『犯された白衣』を除き、山下の監督作を所蔵していない[11][12]。米国で公開された『アドレッセント』については、サムシング・ウィアード・ヴィデオ英語版が2007年(平成19年)に北米向けにDVDとして発売している[6]。『新・情事の履歴書』については、ハミングバード(のちのマイカルハミングバード)およびビクター音楽産業(現在のビクターエンタテインメント)が、1990年(平成2年)1月26日にVHSビデオグラムとして発売した[13]

フィルモグラフィ編集

文化庁「日本映画情報システム」、および日本映画データベースインターネット・ムービー・データベースに掲載されている作品の一覧である。特筆以外は監督である[2][3][4]

1965年
1966年
1967年
1968年
1969年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『人物レファレンス事典 第3巻』、p.2100.
  2. ^ a b c 山下治、日本映画情報システム、文化庁、2010年7月8日閲覧。
  3. ^ a b c d 山下治日本映画データベース、2010年7月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e 山下治インターネット・ムービー・データベース (英語)、2010年7月8日閲覧。
  5. ^ a b c 『ピンク映画水滸伝 その二十年史』、p.118.
  6. ^ a b The Adolescent / companycredits、インターネット・ムービー・データベース (英語)、2010年7月8日閲覧。
  7. ^ 映画評論』第25巻第8号、p.98-99.
  8. ^ キネマ旬報』第698号、キネマ旬報社、1976年。
  9. ^ 幻の若松版・小平義雄を体感せよ!!モルモット吉田、2008年3月12日付、2010年7月8日閲覧。
  10. ^ 自己紹介、ゆみっちゅ、2010年7月8日閲覧。
  11. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年7月8日閲覧。
  12. ^ 看護婦殺し秘話 犯された白衣、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年7月8日閲覧。
  13. ^ 新・情事の履歴書CDジャーナル、2010年7月8日閲覧。
  14. ^ ある妊娠、日本映画情報システム、文化庁、2012年7月8日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集