メインメニューを開く

国映株式会社(こくえい)は、矢元照雄1958年8月(昭和33年)に設立した東京映画会社。国内を代表するピンク映画制作プロダクションとして知られ、現在までに数千本以上の映画を制作している老舗のプロダクションでもある。

国映株式会社
KOKUEI Co,.Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 国映
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座8-3
高速道路ビル102号
設立 1958年昭和33年)8月
業種 情報・通信業
法人番号 7010001043049
事業内容 映画の製作・宣伝及び試写室運営
代表者 矢元一臣
資本金 1000万円
主要子会社 日本放送映画1968年解散)
関係する人物 矢元照雄(国映創業者)
矢元一行(朝倉プロ代表)
佐藤啓子(国映2代目社長)
新倉雅美(日放映動画スタジオ代表)
特記事項:1960年代にはテレビアニメ事業にも進出。日本テレビ専属のアニメ制作プロダクション日本放送映画(後に『ドラえもん』を制作した日本テレビ動画の前々身)を運営していた。
テンプレートを表示

概要編集

前身は矢元照雄1955年(昭和30年)に設立した大和映画である[1]。大和映画時代の代表作に1957年公開のドキュメンタリー映画『われ真珠湾上空にあり 電撃作戦11号』(構成・原千秋)があり、これは日本軍が勝利した場面のみを収めたエクスプロイテーション映画だったが、わずか800万円の製作費で7000万円もの収益を上げたという[1]

初期こそは教育的かつ文芸的な面が強かったが[2]、当時テレビの普及で職を奪われたニュース映画及び教育映画関係者達が糊口を凌ぐために「お色気」をテーマにした短編・中篇映画を群小プロダクションが多数制作(これを同じく衰退しつつあった小規模なニュース映画専門館に供給)しており、国映も作品カラーを大きく変え、「エログロ」に代表される徹底した娯楽、大衆路線となる。

1965年には矢元の息子で国映専務となっていた矢元一行(のちに「朝倉大介」の名前で映画監督として活躍、1968年には朝倉プロを設立)のプロデュースで若松孝二大和屋竺を起用し、特に若松が監督した『情事の履歴書』は3000万円の配収を売り上げるヒットを記録[3]。のちに続編が向井寛山下治の手によって3作目まで国映で作られた[3]

この頃には大蔵映画と並んで日本を代表するピンク映画の製作プロダクションとして名を馳せるようになり、1960年代には独自の配給網を持っていた。途中、1973年には日本シネマと共同配給会社「国映シネマ」を設立(翌年解散)したりしながらも、1974年新東宝興業に配給業務を委託するまで作品の配給を続けた。また、直営館も存在していた。1990年代からは、積極的に他社との共同制作に乗り出し、ピンク四天王ピンク七福神と称される多数の若手監督を輩出した。

ピンク映画の専門の上映館が減少し、映画の撮影と上映がフィルムからデジタルへと移行する中、35ミリフィルムでの「ピンク映画」製作にこだわり続けたが、2013年12月公開の『1BR-らぶほてる』(大西裕監督)をもって完全デジタル製作に移行となった[4]。現在はピンク映画製作のほか「TCC試写室」として試写室提供の活動も行っている。

ちなみに「ピンク映画」という呼称は、国映が1963年に公開した『情慾の洞窟』(関孝二監督)を取材した内外タイムス村井実が考案したものであり、特に国映が前年の1962年に製作して大ヒットした女ターザン映画『情欲の谷間』が今日ではピンク映画の萌芽としてみなされているが、この映画自体が矢元照雄のアイデアであり、関孝二は当時を回顧して「私がピンク映画のパイオニアなら企画した矢元社長はそれ以上の存在だ」と語っている[5]

事件編集

  • 1960年1961年頃、矢元照雄MGM配給のアメリカ映画連発銃は知っている』(1956年)のフィルムを特殊なルートから入手し、無断で自主配給を行った。この無断上映はMGMの知るところとなり、FBI捜査員が乗り出す騒ぎとなった。結局罰金刑で済んだものの、この出来事は関係者の間で「MGM事件」と称されるようになった[6]
  • 1963年、国映が配給したピンク映画『セクシールート63』(牧野プロ作品)が警視庁により公然わいせつの疑いで摘発され、社長の矢元、息子の一行、国映の全社員が逮捕・収監されるという、ピンク映画史上に残る重大事件が起きる[7]。なお前述の「MGM事件」で矢元は日本側取調官の事情聴取に対して「逮捕できるものならやってみろ!」と大見得を切ったと言われており、矢元の逮捕はその報復だったと見る向きもある[6]。この問題視された作品は映倫審査済みであったが、映倫審査後に何者かの手によって露骨な改変が行われた上で公開されており、これは矢元の映倫に対する確信犯的な反抗だったとみられている[7]。その後、映倫は作品の審査を取り消し『読売新聞』1963年6月1日付朝刊で「牧野プロ、国映が誠意ある態度を示すことを要求する」との声明を出し、謝罪と反省を要求したが、矢元らがそれを果たしたかどうかは定かでない[7]
  • セクシールート63事件で社員全員逮捕となり、国映は一時存続の窮地に立たされたが、全社員不在の中で矢元一行の友人たちや佐藤啓子(のちに国映2代目社長)が業務を手助けしたこともあり、会社は存続の危機を乗り越えたという[7]。この時に入社した国映次期社長の佐藤は税理士資格を持つ当時としては珍しいキャリアウーマンで矢元社長の信頼も厚かったが、基本的に「先代のやっていたことと、ことごとく合っていなかった」と述懐するように、矢元社長とは意見の食い違いや言い争いが絶えず、これが原因で佐藤は国映を退社し、同僚達からは「お別れパーティー」も開いてもらったというが、翌日早朝に矢元社長から「おい、早く出社しろ!」との電話があり、その日のうちに国映に復職したという[7]

日本放送映画編集

テレビアニメ黎明期、国映は自社出資して日本放送映画という関連会社1965年に設立、傘下に置いた。同年には日本放送映画内に日本テレビ専属のアニメ制作部門が発足し、1966年には日放映動画スタジオ(以下日放映)として独立、日放映が製作した『戦え!オスパー』は日本テレビ初のテレビアニメシリーズとなった。ちなみに日本放送映画の登記上の代表者は国映創業者と同じ矢元照雄であったが、矢元はアニメ事業に関しては余り口を出さず、実際のアニメ制作は岡本光輝日放映製作の帯アニメとびだせ!バッチリ』では原作も兼任)が指揮を執っていたという[8]

日放映には東京ムービーから移籍した新倉雅美岡本光輝を中心とするメンバーのほか、旧虫プロダクションのスタッフ(池野文雄岡迫亘弘正延宏三村野守美)と東映動画アニメーターが多数在籍、後にガンダムシリーズなどを生みだした富野喜幸(現・富野由悠季)も籍を置いていた。また『戦え!オスパー』には後に漫画家として活動するジョージ秋山とりいかずよしも動画マンとして在籍していた[9]

日本放送映画は3本のテレビアニメシリーズを制作して1968年に活動停止、廃業した。後に日放映動画スタジオの代表取締役であった新倉雅美が出資元でもあった国映の傘下を離れて独立し、日放映メンバーの一部が再集結して東京テレビ動画(国映と資本関係はない)を立ち上げるも劇場用作品ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!』で映画事業に失敗して再び解散。その後、後身会社の日本テレビ動画(やはり国映と資本関係はない)も『ドラえもん』放送中に新倉の失踪が原因で解散している。また日本放送映画・東京テレビ動画・日本テレビ動画の3社は著作権の帰属元が未だにはっきりしていない。

テレビアニメ編集

日本テレビ系で放送。下記のアニメ作品は現在までソフト化されておらず、視聴不可能に近い状況である。

未放映作品編集

  • フータくん(1966年頃、パイロットフィルムのみ) - 未放映作品としているが、中国・四国地方でプロ野球中継の雨傘番組として放送されたという話があるほか、広島で放送されたという話もあるが詳細は定かではない。徳間書店から『TVアニメ25年史』が刊行された際、かつて本作の16ミリプリントを保管していたとされるフィルム倉庫を編集部が特定するに至ったが、結局フィルム自体は発見できなかった。
  • 新宿千夜一夜(1967年頃、パイロットフィルムのみ)※劇場作品
  • 天才バカボン(1968年頃、パイロットフィルムのみ)

備考編集

  • 戦後「国映」または「國映館」という名前の映画館が沖縄県各地にあった。那覇市が一番有名であるが、沖縄市石川市嘉手納町などにもあった。國場組参照のこと。
  • 新東宝映画ピンク映画を直接製作しているほか、国映作品の配給も行っていた。現在でも国映作品が新東宝映画で配給されるのは、このチェーン網の名残である。

脚注編集

  1. ^ a b 二階堂、2014年、pp.42。
  2. ^ 国映が製作した主な教育映画に、首相が小学生に民主主義を説く『総理大臣とわんぱく小僧』(関孝二)、小児結核の少年たちと看護婦の交流を描く闘病記『光と風と子供』(野村企峰)、人工衛星の原理を説明する科学もの『人工衛星 宇宙への道ひらく』(原千秋)などがある(以上すべて1957年作品)。
  3. ^ a b 二階堂、2014年、pp.71-75。
  4. ^ ピンク映画の国映が2年ぶり新作!12月に公開が決定”. 映画.com (2013年11月25日). 2014年7月27日閲覧。
  5. ^ 「ピンク映画のパイオニア」『成人映画』通巻25号、1968年。
  6. ^ a b 二階堂、2014年、pp.43-44。
  7. ^ a b c d e 二階堂、2014年、pp.77-79。
  8. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、pp.67。
  9. ^ 大泉実成『消えたマンガ家2』大田出版1997年、pp.29-30。とりいかずよしインタビュー

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集