メインメニューを開く
山中のハリモミ純林の空中写真
(1975年撮影)
画像中央上部(3か所)と下方の森林にある濃緑色の樹林帯がハリモミの純林である。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

山中のハリモミ純林(やまなかのハリモミじゅんりん)は、山梨県南都留郡山中湖村にある日本固有種のトウヒ属であるハリモミ Picea torano (P.polita))の純林である。

総本数は約3万本。国の天然記念物に指定されている。

概要編集

 
山中のハリモミ純林の一部(2012年12月20日撮影)

富士山の東北麓、山中湖から流れ出る桂川沿いの標高950メートル付近の平坦地に広がるハリモミので、天然記念物に指定されたエリアは数か所にまたがり合計面積は約57ヘクタールである。山中のハリモミは直径50センチ - 2メートル、樹高20 - 26メートルの高木が、ほぼ一様の発育を遂げた純林を形成しており、日本最大規模であると同時に日本固有種であるので、山中のハリモミ純林は世界で唯一の林である。

1916年(大正5年)、日本を訪れたアメリカの、ハーバード大学植物学者アーネスト・ヘンリー・ウィルソンErnest Henry Wilson)博士により日本国外に紹介されたことから、その価値が認められるようになり、1963年(昭和38年)1月18日に国の天然記念物の指定を受けた。

現状編集

 
ハリモミの葉

山中のハリモミは、現在の樹相の大半が樹齢約250年ほどの一次林であるが近年、台風山林火災などによる被害が著しく、ハリモミの倒れた跡地にコナラカエデ類の落葉樹アケビヤマブドウ等のつる植物の進入が激しくなり、ハリモミの再生状態が悪くなったため、進入した落葉樹やつる植物の除去など純林再生に向けた検討が行われ[1]2001年(平成13年)地元自治体の山中湖村は国から記念物指定域のハリモミ林の払い下げを受け[2]、保全管理が進められてきた。

元々この純林一帯は徳川幕府の直轄地であり、少なくとも資料の残る1773年安永2年)以前より村民が管理し、木材盗伐や山火事等の監視を続けていたが、明治初期の廃藩置県の際に国有地となっていた。前述した村への払い下げから10年後の2011年6月、純林(133.7ヘクタール)の一部(105.4ヘクタール)が、村民で構成される『山中浅間神社有地入会管理組合』に無償譲渡されることが村議会で決まり、廃藩置県から約150年ぶりに山中のハリモミ純林は村民のものとなった[3]

所在地・アクセス編集

 
 
山中の
ハリモミ純林
山中のハリモミ純林の位置

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 加藤陸奥雄他編『日本の天然記念物』、講談社、1995年3月20日 第1刷 p.200、p.202 ISBN 4-06-180589-4
  2. ^ 『山梨の巨樹・名木100選』 (社)山梨県林業研究会編集。山梨日日新聞社発行 2001年4月5日初版発行 pp.194-195 ISBN 4897108519
  3. ^ 「地元の宝」150年ぶり村民の元に『山梨日日新聞』2011年6月24日付朝刊、第2版、第28面
[ヘルプ]

外部リンク編集