山元哲治

日本のゲームクリエーター、プロデューサー、作詞家

山元 哲治(やまもと てつじ、1961年1月28日 - )は、日本のゲームクリエータープロデューサー作詞家

やまもと てつじ
(クリエイティブネーム:やまゲン)
山元 哲治
Yamagen.png
生誕 (1961-01-28) 1961年1月28日(61歳)
日本の旗 日本 東京都八王子市生まれ。
職業ゲームクリエーター
プロデューサー
作詞家
活動期間1986年 -
代表作ポポロクロイス物語』シリーズ
I.Q (Intelligent Qube)』シリーズ
やるドラ』シリーズ
『がんばれ森川く2号』
ボクと魔王
攻殻機動隊』など
『CHAMPION'S GOLF』など
活動拠点東京、金沢
公式サイトhttp://www.epics.jp/

株式会社バンダイ株式会社ウィズ、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)を経て、現在はゲーム制作会社である株式会社epicsの代表取締役社長兼CEOに就任している。

プロフィール編集

東京都八王子市生まれ。小中学校を世田谷区~渋谷区で過ごし、石川県立金沢商業高等学校を卒業。

株式会社バンダイ、株式会社ウィズ、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントを経て、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の創業メンバーとしてPlayStationの立ち上げに尽力。ジャンルに捉われないユニークなアイデアの数々で名作を生み出し続け、ヒットメーカーとして多大なる功績を残した(PlayStation20周年企画! PlayStationの名作を手掛けたプロデューサーたち)。

手掛けた作品は、『ジャンピングフラッシュ』『ポポロクロイス物語』『I.Q Intelligent Qube』『がんばれ森川くん2号』『やるドラ』シリーズなど多数。

2006年SCEを退社し、現在はゲーム制作会社、株式会社epicsの代表取締役社長兼CEO。

略歴編集

作品編集

企画・ディレクション編集

企画・プロデュース編集

ポポロクロイス物語編集

1980年代後期、EPIC SONY RECORDSニューメディア部GS制作課のディレクターだった山元は、企画ネタを探している最中にアニメ制作会社の社長にTVシリーズ『ポポロクロイス物語』の企画書を紹介される。

この時点では、このTVシリーズの企画書は数年前にボツになったものだったが、ゲーム用の企画ネタとして使えると判断した山元は、スーパーファミコンソフトのゲームとして企画を立てて会社に提案した。

ところが、ソニー任天堂が共同開発したスーパーファミコン互換機であるPlayStation事業が立ち上がり、急遽、スーパーファミコン互換機PlayStation専用ソフトとして『ポポロクロイス物語』の企画を練り直し、企画書を書き直した。

しかし、同事業は諸般の事情により発売が頓挫。ソニーは独自制作によるゲーム事業進出を決め、現在のPlayStationが生まれる。これにより、同ソフトの企画書は三度めの書き直しを行うことになり、本格的な制作がスタート。現在のPlayStation『ポポロクロイス物語』はそれから3年半後の1996年7月12日にリリースされた。

『ポポロクロイス物語』の原作者、田森庸介とは二十数年の付き合い。『ポポロクロイス物語』『ポポローグ』『金と月のマヤ』など田森作品の原作権は山元が代表を務める株式会社epicsがライツ活動を行っている。

外部リンク編集