メインメニューを開く

山口 富夫(やまぐち とみお、1948年7月30日 - )は、神奈川県出身の元プロ野球選手(投手/右投げ右打ち)である。プロ入り前の名前は山口 富雄(読みは、上記と同じ)だった。

山口 富夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市鶴見区
生年月日 (1948-07-30) 1948年7月30日(71歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

横浜高校神奈川大学卒。その後三協精機に入社、1971年都市対抗ではチームの準決勝進出に貢献。1972年のドラフト会議で、太平洋クラブライオンズの2位指名を受けてプロ入り。しかし公式戦での登板機会に恵まれないまま、1975年オフに金銭トレードで読売ジャイアンツに移った。ジャイアンツでは打撃投手を兼務しつつ一軍入りを目指したが、活躍できず、1984年限りで引退した。

引退後もジャイアンツに残り、1992年まで打撃投手としてチームを陰から支えた。

ジャイアンツ時代の昭和50年代前半(1976年1979年頃)、王貞治内野手の専属打撃投手として活躍していた事から、ゼネラル石油のテレビコマーシャルに出演した事がある(テーマは「主役の裏方」)。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 32 (1973年 - 1975年)
  • 88 (1976年 - 1979年)
  • 91 (1980年 - 1988年)
  • 113 (1989年 - 1992年)

関連項目編集