山口県道309号佐々並町絵美東線

日本の山口県の道路
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
山口県道309号標識

山口県道309号佐々並町絵美東線(やまぐちけんどう309ごう ささなみちょうえみとうせん)は、山口県萩市佐々並と同県美祢市美東町長田を結ぶ一般県道である。

路線データ編集

本線編集

別線編集

  • 起点:美祢市美東町綾木(山口県道309号佐々並町絵美東線本線交点)
  • 終点:美祢市美東町綾木(国道435号交点)
  • 総延長:
  • 実延長:総延長に同じ

沿革編集

  • 1972年3月28日 山口県告示第238号により認定される。
    前身は山口県道61号惣郷美東線(路線番号は旧番号)および美東町道。山口県道61号惣郷美東線は阿武郡阿武町惣郷と美祢市美東町綾木を結ぶ稀に見る長大一般県道であったが、阿武郡阿武町福田下 - 阿武郡旭村佐々並間が山口県道10号山口福栄須佐線に移行したことに伴い同路線に移行しなかった部分が本路線と山口県道303号福田下惣郷線になった。
  • 1991年 国道435号の鳳翩山(ほうべんざん)トンネルが開通したことに伴い大峠経由の旧道の降格が行われ、同旧道の一部を用いた別線が設定される(大峠側の残りの区間は山口市道および美東町道に降格)。
  • 2005年3月6日 萩市と阿武郡に属する6町村(須佐町田万川町旭村川上村福栄村むつみ村)が対等合併して改めて萩市が発足したことに伴い起点の地名表記が変更される(阿武郡旭村佐々並→萩市佐々並)。
  • 2008年3月21日 美祢市と美祢郡に属する2町(美東町秋芳町)が対等合併して新設の美祢市が発足したことに伴い終点の地名表記が変更される(美祢郡美東町長田→美祢市美東町長田、美祢郡美東町綾木→美祢市美東町綾木)。

通過する自治体編集

  • 山口県
    • 萩市 - 美祢市

沿線の地理編集

主要施設編集

編集

  • 明敷峠(萩市・美祢市境)
  • 馬路峠(美祢市美東町綾木 - 美祢市美東町長田間、自動車通行不能)

接続道路編集

本線編集

※この間に通行不能区間あり。

  • 山口県道28号小郡三隅線(美祢市美東町長田〔終点〕)

備考編集

町絵とは美祢市美東町長田の小字である。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集