メインメニューを開く

須佐町(すさちょう)は、かつて山口県の北東部にあったである。阿武郡に属した。町名の由来はスサノオノミコト(須佐之男命)の伝説にちなむ。

すさちょう
須佐町
廃止日 2005年3月6日
廃止理由 新設合併
萩市川上村田万川町むつみ村須佐町旭村福栄村萩市
現在の自治体 萩市[1]
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
阿武郡
面積 87.15km2
総人口 3,690
(2004年10月1日)
隣接自治体 阿武郡阿武町むつみ村阿東町田万川町
島根県益田市鹿足郡津和野町
須佐町役場
所在地 759-3411
山口県阿武郡須佐町大字須佐4570番地の5
 表示 ウィキプロジェクト

2005年(平成17年)3月6日市町村合併により新しい萩市の一部となった[1]

目次

地理編集

歴史編集

産業編集

主な産業は漁業と農業である。

観光地としても知られる須佐町であるが、観光産業としての成長は無い。

漁業はイカ漁が盛んで、剣先イカの一本釣りを生業とする漁師が多く活イカブランド「須佐男命いか」(すさみこといか)は同地区名のPRに大きく貢献している。須佐港は、水揚げされる活イカ「須佐男命いか」を求め、九州・四国・中国・近畿地方からイカ業者が集まる日本海屈指の活イカ漁港である。

農業においては他地域ほど野菜や米の生産力はないが、花の生産事業としてキクの栽培が行われる。また、同地区の神話にちなみ古代米である「赤米」の生産や中山間地域活性化との「そば」生産など、他地域にない取り組みによって須佐の名前を知る人は多い。

名所旧跡編集

 
高山(こうやま)
 
益田家墓所
 
須佐領主益田家邸宅


交通編集

著名な出身者編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ a b c 川上敏文(2015年3月7日). “萩市:合併10周年記念式典 市の振興発展貢献など、個人90人と21団体表彰”. 毎日新聞 (毎日新聞社)

関連項目編集

外部リンク編集