山口 祥吾(やまぐち しょうご、1992年9月11日 - )は、神奈川県秦野市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。NPBでは育成選手であった。

山口 祥吾
Shougo Yamaguchi2011.jpg
ロッテ時代(2011年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県秦野市
生年月日 (1992-09-11) 1992年9月11日(30歳)
身長
体重
175 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 育成選手ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

小学4年時から、地元の少年野球チーム「ホワイトスネークス」に所属し、野球を始める。秦野市立西中学校では軟式野球部に所属する傍ら2年時に出場したKボールの全国大会で第3位。

立花学園高等学校に進学すると、自宅から通える距離だったが練習に打ち込むため寮生活を始める。甲子園出場経験は無いものの、1年時から主力として活躍、2年次からはエースとなり、春季大会では横浜高のスラッガーであった筒香嘉智を4打席凡退に打ち取るなど力を着けていった[1]

2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから育成2位指名を受けた[2]

プロ2年間では、二軍で3試合の登板にとどまり、2012年10月7日、戦力外通告を受けた[3]

 
新潟アルビレックスBC時代
(2013年4月20日)

2013年2月18日に行われたBCリーグドラフト会議にて、新潟アルビレックスBCから指名を受け[4]、入団が決定した。

2015年11月2日、現役引退[5]

引退後は埼玉県の建設会社で2年間会社員として働き、同時期に新潟アルビレックスBC時代から交際していた新潟県出身の女性と結婚。第一子が誕生し、新潟に戻る。戻った新潟では、新潟アルビレックスBCよりフロントスタッフ(総合営業部)に採用され、試合運営をはじめ、小学生向けの野球塾のコーチとしても活躍している[6]。また、2019年には第二子が誕生している。

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

独立リーグでの投手成績編集












































W
H
I
P
2013 新潟 22 1 1 0 0 .500 21.0 97 23 0 17 14 0 10 10 0 0 0 4.29 1.76
2014 20 0 0 0 0 ---- 21.2 99 15 1 26 20 2 8 6 1 0 1 2.49 1.66
2015 23 1 3 1 0 .250 23.1 120 18 0 19 27 3 15 12 3 0 1 4.63 1.95
通算:3年 65 2 4 1 0 .333 66.0 316 56 1 62 61 5 33 28 4 0 2 3.82 1.77

背番号編集

  • 123 (2011年 - 2012年)
  • 12 (2013年 - 2015年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ タウンニュース
  2. ^ 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2010年育成ドラフト会議全指名選手
  3. ^ 戦力外通告のお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2012年10月7日
  4. ^ 2013年2月BCリーグドラフト会議指名選手のお知らせ - 新潟アルビレックスBC・オフィシャルサイト 2013年02月18日
  5. ^ 退団選手のお知らせ - 新潟アルビレックスBC・オフィシャルサイト 2015年11月02日
  6. ^ 「野球での「縁」と新潟の人のあたたかさで、今ここにいる」”. にいがた暮らし. 新潟へのUターン、移住情報が満載!. にいがた暮らし・しごと支援センター (2020年1月15日). 2021年10月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集