メインメニューを開く

山崎氏

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

山崎氏(やまざきし)

山崎氏
家紋
檜扇に四つ目結
種別 武家
華族男爵
士族
凡例 / Category:日本の氏族
  • 近江国の一族。佐々木氏の一族で山崎片家が六角氏・織田信長・豊臣秀吉に仕え三田藩の領主に、その後嫡男の山崎家盛は因幡国若桜藩へ。山崎家治が大幅加増転封され讃岐国丸亀藩へ。山崎治頼まで丸亀藩藩主として3代続くが無嗣断絶で改易となった。最後の藩主山崎治頼の叔父である山崎豊治5000石分知されていたため、幕府から旧領・備中国川上郡成羽5000石を与えられて、交代寄合として明治維新まで続き、明治新政府の下で行われた石直しによって成羽領は12000石との評価を受けて大名に昇格した。後に男爵を授けられた。
  • 駿河国相模国の一族。藤原氏の一族で、室町末期に京より甲斐の武田家・駿河の今川家や庇護を受け下野。その後一族が今川氏より駿河府中近郊に領地を与えられ静岡で在郷化し土着。庇護を受けていた本家筋は今川氏の滅亡後、徳川氏の庇護へ。その後、後北条氏滅亡後の荒廃していた御厨地方奥地を郎党を率いて開発し移住。その地方の小田原藩の年貢を管理する大庄屋に。一族は名前を変え、朗党は山崎一党として周辺地域へ移住。
  • 薩摩国の一族。伊佐郡山崎郷。応永年間に祁答院重茂の三男重道が山崎を領して山崎氏と名乗ったと言われているが祁答院氏の没落と共にその地からいなくなる。祁答院氏は島津氏に敗れ大友氏を頼って日向・豊後へ。

武蔵国の一族。小野姓横山党の一族。

  • 土佐国の一族。門脇公家の流れ。戦国時代、京都から赤鬼(あかえ)あるいは兵庫という人物が土佐国安芸郡室津村(現在の室戸市室津)に落着。その子山﨑山重(通称:勘解由左衛門)が長宗我部元親公に従い、槇山郷(旧物部村)山﨑を領し、その地の高瀬(現在の塩集落)に住した。これ以後、山﨑姓(読みは「やまさき」)を名乗った。家紋は丸に五本骨日の丸扇。槇山山﨑城を根城とした。山重に太四郎という弟がおり、逆川土居(旧土佐山田町)に住していた。山重は9人の男子をもうけ、各人が旧土佐山田町(東川、佐古藪)、奈半利町、旧香我美町(山川、正延)、高知市(鴨部、薊野、大津)、佐川町(本三野)などに開拓移住した。その長男玄蕃丞と五男惣兵衛、傳兵衛は天正14年の戸次川の戦いで討ち死にした。彼らの名は「於豊州信親公忠死御供之衆鑑板」に印刻されている。旧物部村山﨑の塩集落に総本家があり、そこで先祖八幡が祀られている。また、いざなぎ流神道の天の神様・御崎様を祀っている。山崎製パン株式会社の社名の「山崎」は子孫の山﨑要太郎氏(創業者の義弟)に由来する。駿河国相模国の山崎氏とは無関係である。