メインメニューを開く

山田 宗重(やまだ むねしげ)は、戦国時代武将尾張国出身。阿波仁宇城主。名は八郎右衛門。息子は阿波七感状のひとりである山田宗登

 
山田 宗重
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 八郎右衛門
墓所 丈六寺
主君 蜂須賀正勝蜂須賀家政
徳島藩
氏族 山田氏
山田宗登

生涯編集

尾張国山田郡に生まれる。蜂須賀正勝に仕え、蜂須賀家政阿波国へ入ると宗重も家臣として付き添った。

蜂須賀氏が仁宇城のある仁宇谷地域を押さえると、仁宇城主の湯浅氏を首謀者とする仁宇谷衆は一揆を起こすが鎮圧される。この一揆に貢献したとして、宗重は仁宇城代となり、5000石を有した。

その後、小田原征伐朝鮮征伐関ヶ原の戦いに参加。没後は、徳島県徳島市丈六町にある丈六寺に葬られた。

参考文献編集

  • 富本時次郎『帝國地名大辞典』(又間精華堂)
  • 伊吹直亮『蜂須賀家記』