山田 忠雄(やまだ ただお、1916年8月10日 - 1996年2月6日)は、日本国語学者辞書編纂者。日本大学名誉教授

山田 忠雄
人物情報
生誕 1916年8月10日
日本の旗 日本東京都
死没 (1996-02-06) 1996年2月6日(79歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学文学部国文科
学問
研究分野 日本語学
辞書学
研究機関 岩手県師範学校
陸軍予科士官学校
日本大学
主な業績新明解国語辞典』の編纂者
テンプレートを表示

人物編集

1936年東京帝国大学文学部国文科に入学し、見坊豪紀と同期[1]1939年、同大学を卒業。岩手県師範学校に赴任、在職中に『明解国語辞典』を見坊とともに編纂する[2]

1941年陸軍予科士官学校に転任、1943年に『明解国語辞典』が刊行される。1946年、日本大学文理学部国文学科助教授に就任、後に教授となるが、1959年4月15日に辞職する[3]。以後は公職に就かず、学究以外の他事は全て避け、文字通り学問一途の生涯を送る。

1972年に出版された『新明解国語辞典』の編集主幹を務め、同じ出版社ながら見坊の『三省堂国語辞典』と袂を分かつ[4]。山田は『新明国』、見坊は『三国』を担うことになる。それまでの辞書は、とりわけ語釈の側面において、先行辞書の引き写しが問題視されていたが[5]、山田は「問題とする語が有する雰囲気を、丁寧かつ詳細に説明することで、本義の核心に迫る」という方針を採用することで、この問題を解決しようとした。山田の独力で可能な限り方針を徹底して編纂された『新明国』は、従来の国語辞典の概念を超える「新鮮さ」と「鋭さ」と「面白さ」が指摘された。特に有名なのは、山田の没後に出版された赤瀬川原平新解さんの謎』によるもので、これ以降に一部ファンから「新解(しんかい)さん」の愛称で親しまれるようになる。

父は文化勲章受章者で国語学者の山田孝雄。長男の山田明雄数学者1990年まで東大教養学部助教授で後に『新明解』の編集者に加わる。弟の山田俊雄も国語学者で『新潮国語辞典』に関わる。

著書編集

辞書類編集

  • 『明解国語辞典』 金田一京助監修、見坊豪紀金田一春彦共編(三省堂 1943年)
  • 『音訓両引き国漢辞典』 三省堂編修所編(三省堂 1955年)
  • 『新明解国語辞典』(三省堂)
    • 初版 - 1972年、第2版 - 1974年、第3版 - 1981年、第4版 - 1989年

単著編集

  • 『当用漢字の新字体 制定の基盤をたづねる』[6]新生社 1958年)
  • 『三代の辞書 国語辞書百年小史』(三省堂 1967年)
    • 改訂版 - 1981年
  • 節用集天正十八年本類の研究』(東洋文庫〈東洋文庫論叢 第55〉 1974年)
  • 『近代国語辞書の歩み その摸倣と創意と』(三省堂 1981年)
  • 『壽蔵録』(私家版 1993年)

共編など編集

  • 『昭和校註竹取物語山田孝雄山田俊雄共編(武蔵野書院 1953年)
  • 『竹取物語総索引』(武蔵野書院 1958年)
  • 漢和辞典の成立』(私家版 1958年)
  • 山田孝雄年譜』 山田英雄、山田俊雄共編(宝文館 1959年)
  • 『山田孝雄追憶史学・語学論集』(宝文館 1963年)
  • 『本邦辞書史論叢 山田孝雄追憶』(三省堂 1967年)
  • 『国語史学の為に』(笠間書院〈笠間叢書〉 1986年)
    • 第1部 - 往来物、第2部 - 古辞書、第3部 - 語誌・語史
  • 『電話帳式に引ける国語・漢和辞典』(三省堂 1987年)
  • 『櫻史』 山田孝雄(校訳)(1990年3月 講談社学術文庫
  • 『私の語誌』(三省堂)
    • 1(他山の石)・2(私のこだわり) - 1996年
    • 3(一介の) - 1997年

参考文献編集

  • 山田忠雄『三代の辞書』
  • 山田忠雄『近代国語辞書の歩み』
  • 山田忠雄『壽蔵録』
  • 佐々木健一『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』

脚注編集

  1. ^ 実際は見坊の方が2年ほど早く生まれているが、高校の時に結核を患って療養のため休学し、同期入学となったという。
  2. ^ 山田の主な仕事は、見坊が起筆した原稿を校閲することで、それ以外の作業には携わらなかった。
  3. ^ 理由は「大学教員をやっていたら、時間が奪われて自分の研究ができない」というものだった(佐々木健一[要曖昧さ回避]『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』(文藝春秋p.263)。
  4. ^ 2人と2つの辞書の性格については佐々木健一『辞書になった男』が詳しいが、辞書を「かがみ」と考える見坊と、「文明批評」と考える山田には大きな隔たりがあった。
  5. ^ たとえば『暮らしの手帖』(1971年2月号)に「国語の辞書をテストする」という特集記事がある。当時の出版各社の主要国語辞典を比較検討し、どの出版社の辞書も文章を変換した程度の語釈であることを述べる(佐々木健一『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』p.170-172)
  6. ^ 名義は「日本大学文学部国語研究室単刊」