山田文雄

山田 文雄(やまだ ふみお、1898年 - 1978年)は、昭和期の経済学者東京帝国大学経済学部教授愛知大学第7代学長。

目次

人物編集

東京生まれ。父は三井鉱山神岡鉱山事務所長・工学博士の山田文太郎。海軍兵学校第一高等学校を経て東京帝国大学経済学部卒業。大学院に進み河合栄治郎に師事。京城帝国大学予科講師、同大学法文学部助教授を経て、1930年東京帝国大学経済学部助教授、1931年教授となり工業政策を担当する。

1939年、平賀粛学により河合栄治郎に殉じて木村健康助手とともに辞職。同年、鶴見祐輔の運営する太平洋協会に入り調査部長となる。

戦後は1947年東京都副知事を経て、1950年愛知大学法経学部教授。1969年から1970年の大学紛争時には同大学学長を務める。

また、河合門下の中心として長尾春雄木村健康土屋清石上良平関嘉彦猪木正道らと社会思想研究会(出版部門は社会思想社)を立ち上げ、「哲学実践との仲介たる社会思想」の研究・普及に努めた。

1978年8月16日死去。墓は寛永寺谷中墓地。

著訳書編集

  • 『工業経済学』(第一分冊)巌松堂書店、1938年
  • 『工業経済学』(第二分冊)巌松堂書店、1939年
  • 『国際原料資源論』(訳) ユージン・ステーレ著、中央公論社、1940年
  • 『南方圏の現実と太平洋』萬里閣、1941年
  • 『日本戦時経済論』中央公論社、1941年
  • 『東印度の経済』、日本評論社、1942年
  • 『東印度経済論』、千倉書房、1943年
  • 『南方問題十講』(共著) 第一書房、1943年
  • 『わが師を語る―近代日本文化の一側面』(共著) 社会思想研究会出版部、1951年
  • 『自由と責任』(訳) カール・ベッカー著、弘文堂、1952年
  • 『自由放任の終焉』(訳) J・M・ケインズ著、社会思想研究会出版部、1953年
  • ハロルド・ラスキ―社会主義者の歩み』(訳) K・マーティン著、社会思想研究会出版部、1955年
  • 『工業経済学』協同出版、1957年
  • 『経済産業政策』協同出版、1963年

参考文献編集

  • 竹内洋『大学という病 東大紛擾と教授群像
  • 『東京大学経済学部五十年史』
  • 粕谷一希『河合栄治郎-戦う自由主義者とその系譜』

関連項目編集