メインメニューを開く

経歴編集

福岡県早良郡鳥飼村(現福岡市)に生まれる。福岡縣立中學修猷館旧制福岡高等學校を経て、1931年、東京帝国大學経済学部を卒業し副手、1932年、同学部の助手となる。

自由主義派(純理派)の河合栄治郎に師事し、大河内一男安井琢磨と共に河合門下三羽烏と呼ばれたが、1938年、河合の筆禍から経済学部内での学派対立が激化し、翌1939年、東大総長の平賀譲による裁定(平賀粛学)により休職とされたことに抗議して、山田文雄教授らと共に辞表を提出し辞職。なお、後に大河内と安井は、河合に逆らって辞表を撤回し東大にとどまったため、河合はこの二人を破門しており、木村は河合が最も信頼する門下生となった。

その後、河合は軍の言論弾圧に対して法廷闘争を続けたが、木村は法廷で特別弁護人として河合を弁護し続けている。上智大学専門部、巣鴨高等商業學校、上智大学商経学部の講師を経て、1943年、旧制第一高等学校の教授となり経国(法制経済)を担当する。

1946年1月、東京大学経済学部助教授、1949年5月、同教授に就任し経済学史を担当。1949年6月から1961年まで、新制東京大学に新規に設置された教養学部の教授を兼務し、東大教養学部の基礎を築いた(駒場出身の経済学者である村上泰亮早坂忠は教養学科第一期生の門下)。1969年4月、成蹊大学経済学部の初代学部長に就任。1969年5月、東京大学名誉教授の称号を受ける。

1959年7月、東京大学 経済学博士 博士論文は「厚生経済学序説」[1]

1958年、古谷弘との共編『近代経済学教室』により、毎日出版文化賞受賞。

エピソード編集

一高教授であった1945年4月、軍は一高のリベラルな自治寮制度を嫌い、文部省に命令して一高を廃学するように指示したが、当時の安倍能成校長を補佐し、木村が中心になって各寮に教授が一人ずつ泊まることによって、教授が管理しているという名目を作って廃学を免れている。

著書編集

単著編集

  • 『若き人々とともに』白日書院, 1948年
  • 『英国労働党』弘文堂, 1949
  • 『青春と自由』中央公論社, 1950年
  • 『学生生活』河出書房, 1954年
  • 『経済学ノート』河出書房, 1955年
  • 『信念としての民主主義』民主日本協会, 1955年
  • 『厚生経済学序説』勁草書房, 1969年
  • 『東大・嵐の中の四十年』春秋社, 1970年
  • 『愛国心はと問われて』鱒書房, 1971年
  • 『木村健康経済学ノートⅠ』勁草書房, 1972年

共著編集

訳書編集

編書編集

共編書編集

  • 『学問と教養――何をいかに学ぶべきか』(麻生磯次, 玉虫文一, 淡野安太郎との共編), 勁草書房, 1953年
  • 『近代経済学教室Ⅰ~Ⅵ』(古屋弘, 大石泰彦との共編), 勁草書房, 1957, 69年

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース

門下編集

参考文献編集

  • 『追想木村健康』, 木村健康先生追想録刊行委員会, 1989年

関連項目編集