岐阜大仏(ぎふだいぶつ)は、岐阜県岐阜市黄檗宗金鳳山正法寺にある仏像(釈迦如来像)である。岐阜県指定重要文化財[1]

岐阜大仏

2015年(平成27年)4月24日、「信長公のおもてなし」が息づく戦国城下町・岐阜 」の構成文化財として日本遺産に認定される[2]

概要編集

釈迦如来の坐像で、日本三大大仏を称する[3][4]

像高13.63m、顔の長さ3.63m、目の長さ0.66m、耳の長さ2.12m、口幅0.70m、鼻の高さ0.36m。

周囲1.8mのイチョウを真柱として、木材で骨格を組み、竹材を編んで仏像の形を形成する。この竹材の上に粘土をぬり、一切経阿弥陀経法華経観音経等の経典が書かれた美濃和紙を張り付けてを塗り、金箔を張っている。経典は当時の住職が読み一枚一枚貼られている。このことから、別名を「籠大仏(かごだいぶつ)」という。

建立の経緯編集

江戸時代寛政の頃、金鳳山正法寺の第11代惟中和尚は、相次ぐ大地震や大飢饉に心を痛め、これらの災害で亡くなった人々の菩提のために、大釈迦如来像の建立をはかる。1791年(寛政3年)頃から、大仏に使用する経本を集めだすが、思うように集められず、各地を托鉢してひたすら集める。1800年には堂が完成。その時には大仏の頭部のみが完成していた。1815年文化12年)、惟中は志の半ばで亡くなる。暫く中断したが、第12代肯宗和尚はその後を継ぎ、引き継いで13年後の1832年天保3年)、遂に大釈迦如来像は完成する。つまり建立に38年かかったことになる。胎内仏として、薬師如来像が安置されている。この薬師如来像は、室町時代美濃国厚見郡革手(現在の岐阜市正法寺町)の革手城の城下にあった、土岐氏氏寺の霊正山正法寺(現在は廃寺)の本尊である。平安時代円仁(慈覚大師)作との伝承がある。

開眼供養の際には、織田信長居住以来の盛儀だったと伝えられている。

拝観編集

  • 所在地:岐阜県岐阜市大仏町8
  • 開館日:年中無休
  • 開館時間:9:00~17:00
  • 拝観料:大人 200円、小人 100円
  • 駐車場:あり

交通アクセス編集

無料の駐車場があるが、数台分しか無い。公共交通機関としては、岐阜駅及び名鉄岐阜駅より岐阜バス岐阜公園長良橋方面のバス(高富行き等)で「岐阜公園歴史博物館前」バス停下車徒歩5分。尚、岐阜駅及び名鉄岐阜駅に戻る場合、「大仏前」バス停を利用する[5]

外部リンク編集

周辺編集

参考画像編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 籠大仏 附胎内仏”. 岐阜県. 2013年5月11日閲覧。
  2. ^ 「信長公のおもてなし」が息づく戦国城下町・岐阜”. 文化庁. 2020年9月20日閲覧。
  3. ^ ぎふ大仏フェスティバル実行委員会岐阜市公式ホームページ 2012年11月14日
  4. ^ 岐阜大仏(正法寺)岐阜観光コンベンション協会
  5. ^ 正法寺付近の道路が一方通行規制のため、上りと下りではバス停の位置が違う。