メインメニューを開く

岡村俊民(おかむら としたみ、1916年(大正5年)- )は、日本農学者農学博士北海道大学)。北海道大学名誉教授。元北海道拓殖短期大学学長広島県出身。

来歴編集

1934年(昭和9年)広島県立広島第一中学校卒業。1941年(昭和16年)北海道帝国大学農学部農学科卒業。間もなく兵役のため入隊。1946年(昭和21年)復員1947年(昭和22年)北海道帝国大学農学部助手。1949年北海道大学農学部付属農林専門部教授。酪農学園短期大学酪農科助教授を経て、1963年(昭和38年)帯広畜産大学畜産学部教授1965年(昭和40年)北海道大学農学部教授。1973年(昭和48年)同附属農場長。1980年(昭和55年)北海道大学停年退官。同名誉教授。北海道拓殖短期大学農業経済科教授・就職部長。1985年(昭和60年)北海道拓殖短期大学学長に就任。1989年(平成元年)北海道拓殖短期大学定年退職。1990年専修大学北海道短期大学農業機械科客員教授。1994年専修大学北海道短期大学退職。

1960年 北海道大学 農学博士 論文の題は「フライホイール型飼料截断機の刄型に関する実験的研究」[1]

研究編集

農業機械施設学。農業機械の研究における第一人者。

受賞歴編集

主著編集

  • 『農業機械ハンドブック』(共著、コロナ社、1957年初版・1984年新版)
  • 『草地学概論』(共著、明文堂、1965年)
  • 『農作業機械学』(共著、文永堂、1980年)
  • 『農業機械化の基礎』(北海道大学図書刊行会、1991年)

参考文献編集

『拓殖大学論集 179号』(拓殖大学研究所、1989年)

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース