岡澤 恋(おかざわ こい、2008年9月17日 - )は、日本のプロスラックライン(トリックライン)選手。世界最年少の女子スラックライナー。栃木県宇都宮市出身。本名同じ。親戚にいる著名人としては、叔父(母親の実兄)に第158回直木賞作家の門井慶喜がいる[1]

岡澤恋
岡澤 恋 Koi Okazawa
個人情報
フルネーム 岡澤 恋 Koi Okazawa
愛称 恋ちゃん
生誕 (2008-09-17) 2008年9月17日(12歳)
栃木県宇都宮市
ウェブサイト instagram
TikTok
YOUTUBE
スポーツ
日本の旗 日本
競技 スラックライン
種目 トリックライン
チーム GIBBONSLACKLINES

主な成績編集

ジュニア女子部門 (2018年 - )編集

  • 2018年 - GIBBONCUP 二子玉川ライズ 3位
  • 2018年 - GIBBONCUP 岩手銀河モール花巻 3位
  • 2018年 - GIBBONCUP 山梨 南アルプスユネスコパーク 3位
  • 2018年 - JAPAN BEACH GAMES 優勝
  • 2018年 - 第2回スラックライン全日本選手権大会 3位
  • 2018年 - 第9回日本オープンスラックライン選手権大会 2位
  • 2019年 - GIBBONCUP グランフロント大阪 優勝
  • 2019年 - GIBBONCUP 岩手銀河モール花巻 優勝
  • 2019年 - GIBBONCUP 山梨 南アルプスユネスコパーク 優勝
  • 2019年 - 第10回日本オープンスラックライン選手権大会 優勝

受賞歴編集

テレビ出演編集

  • 2019年 - とちぎテレビ『みらいアスリート』 [3]
  • 2020年 - 日本テレビ『シューイチ』 [4]

雑誌掲載編集

  • 2020年 - 定期刊行誌 すこやかファミリー 2020年7月号 巻頭特集

人物編集

常に周囲に本がある環境で育ってきたせいか、かなりの読書家である。
instagramのタイトルはほぼ小説のタイトルから取っている。[5]

幼少時期から栃木県宇都宮市にあるユリスバレエスタジオにてバレエを習っており、体幹を鍛えるためスラックラインと出会う。
他に、高龍中国拳法道場[6]にてカンフー(十六連功や詠春拳)を習い
オリオンスポーツクラブではアクロバットを習っている。

性格編集

内気で極度の人見知り。 YOUTUBEやSNSなどのすべての作品は、自分で考えて撮影や編集を行っている。

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ 宇都宮市役所ホームページ[2]
  3. ^ とちぎテレビ YOUTUBE[3]
  4. ^ 日本テレビ[4]
  5. ^ instagram
  6. ^ 高龍中国拳法道場