メインメニューを開く

岡田 正裕(おかだ まさひろ、1945年7月27日 - )は、陸上競技の元選手で、マラソン・長距離選手の指導者。熊本県熊本市出身。

来歴編集

  • 鎮西高等学校から亜細亜大学に進む。1967年、3年生のとき亜細亜大学は箱根駅伝に初出場。主将として9区を走り区間9位。結果は総合11位でシード権を逃した。4年生のときは3区を走り区間10位であった。
  • 1968年に地元食品メーカーのフンドーダイに就職。10年の選手活動後、同社の会社員生活を経て、1986年からニコニコドーの監督を務める。ソウルオリンピック女子1万メートル代表の松野明美を育てた名将として有名である。
  • その後、ニコニコドーが廃部となり、1999年に低迷していた母校・亜細亜大学の陸上競技部監督に就任。しかし前監督だった大塚正美との引き継ぎが大学側の不手際で十分ではなく、その為に事情を知らない部員達からは「前監督を追いだした」という誤解からわだかまりも生まれ、関係改善まで半年ほどを要した。普段の生活の改善と、夏合宿では月間1100kmを超える猛練習で、高校時代無名だった部員達を妥協なく鍛え上げた結果、就任3年目に箱根駅伝に返り咲いてからは2003年を除いてシード権を確保し、2004年は総合3位、2005年は総合7位ながら前回大会の記録を5分近く上回るなど、着実に力を付けていった。そして2006年第82回東京箱根間往復大学駅伝競走で、優勝候補の大学が総崩れとなる中、亜細亜大学は9区で首位に立ち初の総合優勝を果たした。その手腕で各方面から名将と評価されている。
  • 2008年3月限りで亜細亜大学陸上部の監督を勇退し、4月より実業団九電工女子陸上部監督に就任。しかし2~3年後に成果を出す自身の育成目標と短期的成果を求める九電工側との指導方針の違いにより2009年3月に監督を辞任。

指導方針編集

  • 亜細亜大学、拓殖大学いずれの監督就任時も、単身上京して選手寮に住み込み、選手と寝食を共にしている。
  • 長年営業畑を歩んできた経験から、「日頃からの挨拶」を最も重視している。
  • 「20歳を過ぎた学生なのだから選手の自主性に任せるという手もある。しかしそれは指揮官の逃げでもある。自主性とはそんなに生易しいものではない」という考えに基づいて、選手達が卒業後社会人としてやっていけるように、生活指導を厳しくしている。
  • 「箱根駅伝はトラックの10000m×2ではない」が持論で、練習は質より量を重視し、徹底した走りこみで脚を鍛える。
  • ニコニコドーの監督時代に練習拠点にしていた熊本県の阿蘇で、夏合宿を行って選手の力量を見極める。
  • 箱根駅伝の区間配置は往路と復路のバランスを重視し、他の多くの大学に見られる往路偏重のオーダーは組まない。結果的に復路で順位を上げることが多い。

エピソード編集

  • 亜細亜大学の監督時代には、練習の一環で部員達に度々東京都西多摩郡日の出町の寮から大学キャンパスまでの約30kmの道のりを走って通学させていた。
  • 2004年には部員が日の出町内で欠かさず行ってきた挨拶活動が評価され、陸上競技部が町から感謝状を贈られた。
  • 寮の玄関に無造作に散らばっている靴を、全て外へ放り投げたことがある。
  • 厳しい指導の一方で父親のような優しさも兼ね備え、ほぼ全ての部員達から慕われている。

著書編集

出典編集

関連項目編集