メインメニューを開く

岡田 要(おかだ よう、1891年8月11日[1][2] - 1973年12月26日[1][2])は、日本の動物学者日本学士院会員、文化功労者

兵庫県相生生まれ[2]。1918年東京帝国大学理科大学動物学科卒。三崎臨海実験所勤務の後[2]、1924年から6年間ヨーロッパ留学[2]。帰国後、1929年京都帝国大学動物学科教授[2]、同年京都帝大理学博士 「La regeneration chez les Coelenteres(腔腸動物に於ける再生の研究)」 1937年東京帝国大学動物学科教授[2]。三崎臨海実験所所長を経て、1953年に定年退官[2]。同年国立科学博物館館長[2]。また日本動物学会会頭[2]日本博物館協会会長[2]日本動物園協会会長[2]、日本学士院会員(1949年 - )[2]を務め、実験動物学に貢献した。1970年文化功労者[1][2]

著作編集

著書編集

  • ねずみの話 岩崎書店, 1951 (少年の観察と実験文庫)
  • ネズミの知恵 法政大学出版局, 1954
  • けものの生活 講談社, 1955
  • メスとオス 性の闘争と妥協 光文社 (カッパ・ブックス) 1956

編著編集

  • 現代の生物学 第1-3集 木原均共編 共立出版, 1949-50
  • 原色少年動物図鑑 内田清之助共編 北隆館, 1953
  • 実験発生学 裳華房, 1961-64

論文編集

脚注編集