岡迫亘弘

岡迫 亘弘(おかせこ のぶひろ、1942年[1] - )は、日本アニメータースタジオ・ヴィクトリー代表。島根県出身[1]

目次

略歴編集

漫画家を目指していたが、東映映画部の興行部長を務めていた伯父の誘いを受け、1958年に東映動画(現:東映アニメーション)に入社[1]。『かっぱのぱあ太郎』や『白蛇伝』など同社の初期作品に携わった[1]

その後、手塚治虫が『西遊記』の制作に参加したことをきっかけに虫プロダクションへ移籍[1]。『鉄腕アトム』に携わった後、虫プロの下請け会社としてVEFプロダクションを設立して『W3』を手がけたが、虫プロの経営悪化によりVEFプロダクションも解散してフリーとなる[1]

日本放送映画(後の東京テレビ動画→日本テレビ動画)に移籍し[要出典]、『戦え!オスパー』や『夕やけ番長』などの演出・作画を務めて独立した後はフリーを経て土田プロダクションで『キャプテン翼』などでキャラクターデザイン・作画監督を務める。1987年には作画スタジオ「スタジオ・ヴィクトリー」を設立し[1]、同社の代表に就任した。

1970年代は実写特撮作品にもキャラクターデザイナーとして参加したことがある。『正義を愛する者 月光仮面』に参加したことをきっかけに、同じ川内康範原作の実写特撮作品『レインボーマン』や『ダイヤモンド・アイ』のキャラクターデザインを担当[1]。その後も『月光仮面』などの萬年社から東宝の『流星人間ゾーン』、日活の『電撃!!ストラダ5』などの実写特撮作品のキャラクターデザインも担当した[2][注釈 1]

エピソード編集

  • 東映に入社した時の年齢は中学校を卒業する前の15歳であったため、会社側から16歳と詐称するよう指示されていた[1]。同期は芸大卒業者や漫画家経験者などであったため、岡迫は縁故採用であろうと理解していた[1]
  • 虫プロダクションへ移籍する際には、伯父を説得して将来性のある手塚治虫の下で働くことに理解を得られたが、東映社内からは裏切り者として扱われ、懲戒免職相当となった[1]。このことを手塚に相談したところ、東映の退職金分も支払ってくれたという[1]
  • テレビアニメ『愛の戦士レインボーマン』を監督したのは、特撮版に参加していたことから原作者の川内康範による指名を受けてのことであった[1]。岡迫は当時土田プロダクションに所属していたため、個人としては受けられないと川内に伝えたところ、土田プロを経由しての発注となった[1]

担当作品編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 岡迫の発言によれば、これらの作品では主に主人公のキャラクター(変身後のヒーロー)のみのデザインしたらしい。ただし、『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全…』のp5によると『ダイヤモンド・アイ』のみ敵のキャラクターも岡迫のデザインの可能性があるとの記述がある(デザイン画も掲載)。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 特撮秘宝3 2016.
  2. ^ 『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全 70's川内康範ヒーローの世界』(双葉社)の岡迫亘弘のインタビューより(p107 - )

参考文献編集

  • 中村哲「INTERVIEW『レインボーマン』『ダイヤモンド・アイ』キャラクターデザイン 岡迫亘弘」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 pp.184-187、 ISBN 978-4-8003-0865-8