メインメニューを開く

岩崎 恵美子(いわさき えみこ、1944年3月8日[1] - )は、日本医師。元・厚生省仙台検疫所所長、元・仙台市副市長。

岩崎 恵美子
生誕 (1944-03-08) 1944年3月8日(75歳)
日本の旗 日本 新潟県新潟市
出身校 新潟大学医学部
職業 医師
著名な実績 厚生省仙台検疫所所長
仙台市副市長

目次

人物編集

新潟県新潟市出身[1]新潟大学医学部卒業。耳鼻科医として勤務の後、公衆衛生分野に移り、検疫所国際協力機構(JICA)、世界保健機構(WHO)での活動などを通して、日本国内外における感染症対策の経験を積んだ[2]

2007年、当時の仙台市長・梅原克彦の要請で同市副市長に就任、「仙台方式」と呼ばれる先進的な新型インフルエンザ対策(地域の診療所が軽症者の診療を担う等[3])を行うなどした[4]

2009年7月、梅原の引退に伴う仙台市長選挙に立候補したものの、民主党社民党などが支援した奥山恵美子に敗れて落選した。この選挙では自由民主党公明党日本共産党などが自主投票として新人6人が立候補、当選した奥山も同じく仙台市副市長を前職とする「恵美子」であり、地元マスコミでは、元副市長2人による「恵美子対決」とも呼ばれた[5]。岩崎は、「梅原市政の継承」を訴えたが、告示5日前の立候補表明だったこともあり、選挙戦の終盤まで出遅れを挽回できなかった[3]

経歴編集

著作編集

  • 『間違いだらけのインフルエンザ対策』(日本文芸社、2009年10月)

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.359
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 岩崎恵美子略歴[リンク切れ] 本人ブログのエントリー(2009年7月9日)、2010年4月22日閲覧
  3. ^ a b “仙台市長に奥山氏 初の女性市長”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年7月26日). オリジナルの2009年7月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090729160416/http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090726/lcl0907262159000-n1.htm 2010年4月22日閲覧。 
  4. ^ “仙台市長選 岩崎副市長が出馬表明”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年7月7日). オリジナルの2009年7月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090709042504/http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/miyagi/090707/myg0907070213000-n1.htm 2010年4月22日閲覧。 
  5. ^ 副市長2人、庁外バトル 「恵美子対決」『河北新報』 2009年7月7日、2010年4月22日閲覧

外部リンク編集