メインメニューを開く

島根県立浜山公園野球場

島根県立浜山公園野球場(しまねけんりつ・はまやまこうえんやきゅうじょう)は、島根県出雲市大社町の島根県立浜山公園内にある野球場。施設は島根県が所有し、NPO法人出雲スポーツ振興21が指定管理者として運営管理を行っている。2020年5月まで長期休場中。

島根県立浜山公園野球場
Shimane Prefectural
Hamayama Park Baseball Stadium
施設データ
所在地 島根県出雲市大社町北荒木1868-10(県立浜山公園内)
座標 北緯35度22分50.8秒 東経132度42分27.8秒 / 北緯35.380778度 東経132.707722度 / 35.380778; 132.707722座標: 北緯35度22分50.8秒 東経132度42分27.8秒 / 北緯35.380778度 東経132.707722度 / 35.380778; 132.707722
開場 1974年
所有者 島根県
管理・運用者 NPO法人出雲スポーツ振興21(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 6基(内野:1,070Lx 外野:560Lx)
収容能力
12,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:12,300m2
両翼:91 m
中堅:120 m

概要・歴史編集

県は1970年、当時の簸川郡大社町で浜山公園の整備を開始。野球場は公園内最初の施設として1974年に竣工した。開場以来、高校野球社会人野球などアマチュア野球公式戦が行われている。数は少ないがプロ野球公式戦が開催された実績もある。公園内には以後、各種施設が順次整備され、このうちサブグラウンドを兼ねる少年野球場は1977年に竣工した。

1982年開催の国民体育大会くにびき国体)では高校野球(硬式)のメイン会場となった。

1995年には照明設備を追加設置し、1999年にはスコアボードを改築するなど施設拡充が行われている。

ナムコ1992年7月30日に発売したゲームボーイ用ソフト『ファミスタ2』(Famista 2)に出てくる、「いずも球場」のモデルになったと言われている

施設概要編集

島根県立浜山公園野球場
  • グラウンド面積:12,300m2
  • 両翼:91m、中堅:120m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝(高麗芝)
  • スコアボード:電光式
  • 照明設備:照明塔6基(内野:1,070Lx 外野:560Lx)
  • 収容人数:12,000人(観客席5,000人)
島根県立浜山公園少年野球場
  • グラウンド面積:12,500m2
  • 両翼:91.44m、中堅:115.82m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • スコアボード:パネル式
  • 照明設備:なし

公園内その他の施設編集

  • 島根県立浜山公園陸上競技場
  • 島根県立浜山公園補助競技場
  • 島根県立浜山公園球技場
  • 島根県立浜山公園体育館
  • 島根県立浜山公園テニスコート
  • 林間こども広場
  • ゲートボール場
  • 多目的調整池

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集