メインメニューを開く

川口 竜也(かわぐち たつや、1967年4月15日 - )は、日本ミュージカル俳優フリー大阪府高槻市出身[1]

目次

略歴編集

18歳よりミュージカル俳優を目指し、大阪芸術大学舞台芸術学科ミュージカルコースに入学すると共に、関西を中心に活動する日本ミュージカル研究会・劇団JMAに入団する。同劇団主宰・(元宝塚歌劇団)作曲家 高井良純に師事。劇団JMAでは、多くの作品で主役、主演を務めると同時に、劇団オリジナル作品の振り付けや、後進の指導にもあたった。またこの時期、定期的にニューヨークに渡り、Daniel Tinazzi、Patricia Wilcox、Christofer Hugginsらの指導を受けた。

2008年に上京。活動の場を関東に移し、『ミス・サイゴン』、『エリザベート』などのミュージカル作品に出演、2013年からは『レ・ミゼラブル』(新演出版)のジャベール役で出演している。また、2018年には、『ノートルダムの鐘』のフロロー役で、劇団四季の舞台に初めて客演した。

ライブ活動も積極的に行っており、テーマを決めて曲を構成する「Heart」と、準備された40曲前後の中から抽選に当選した客がリクエストできる「酔き勝手」の2つのシリーズを展開している。また、2013年のレ・ミゼラブル博多座公演期間に結成されたユニット「OJIN」に参加している[2]

人物・家族編集

  • 既婚[3]
  • ガンダムシリーズを愛好しており、公式ブログやトークショーでしばしば自らのファン振りをアピールしている[4]
  • 劇団四季所属の川口雄二は六歳年下の弟(1973年9月9日生-)。弟の雄二も日本ミュージカル研究会よりキャリアをスタートしており、2000年9月より劇団四季に所属、マンマ・ミーア、コーラスライン、ライオンキングなどの作品で活躍している。2013年9月8日には、兄竜也がレミゼラブル大阪フェスティバル公演初日、弟雄二が大阪ライオンキング公演でティモン初日を同時に迎えた[5]

主な出演作品編集

劇団JMAの作品

  • 「ああ!六甲おろし」(1986年)
  • 「坊っちゃん」(1987年・1989年・1998年・2005年) - 山嵐 役
  • 「サラダ記念日」(1988年・1989年・2007年) - 小沢 役
  • 「アルト・ハイデルベルグ」(1990年・1991年) - カール(学生王子) 役
  • 「御堂筋ストーリー」(1990年・2002年・2003年・2004年・2005年) - 土岐俊介 役
  • 「鬼が島」(1990年・1992年・1993年・2000年) - ゴンダ 役
  • 「邪馬台国物語」(1992年・1995年) - マサヒコ 役
  • 「ムーンライト・ソナタ」(1993年・1994年) - ダルセーニョ 役
  • ヒボコ・水と炎と愛の伝説」(1994年・1997年・2006年) - アメノヒボコ 役
  • マジックフルート」(モーツァルト「魔笛」)(1996年・2006年) - パパゲーノ 役
  • 「じろはったん」(1997年・1998年・2004年・2005年) - じろはったん 役
  • 東は東」(1999年)
  • 「心を繋ぐ子守唄」(1999年・2000年) - 小山弥兵 役
  • 「こうのとりが飛ぶとき」(2001年・2005年・2006年) - ハカセ 役

劇団JMA所属中の外部出演

  • 「フィレモン 地下牢の道化」(2003年) - マーカス 役
  • ミス・サイゴン」(2008年 - 2009年) - クラブオーナー 役、他

2009年以降の出演作品

  • ミー・アンド・マイガール」(2009年6月3日 - 28日、帝国劇場 / 7月4日 - 15日、中日劇場) - ボブ 役
  • 「パイレート・クィーン」(2009年11月28日 - 12月25日、帝国劇場 / 2010年1月1日 - 11日、梅田芸術劇場
  • 「ザ・ミュージックマン」(2010年4月23日 - 5月5日、東京芸術劇場 / 5月8日 - 20日、新国立劇場) - 警官 役、他
  • エリザベート」(2010年8月9日 - 10月30日、帝国劇場) - 市長 役、他
  • 「ゾロ ザ・ミュージカル」(2011年1月13日 - 2月28日、日生劇場 / 3月5日 - 20日、中日劇場 / 3月24日 - 28日、梅田芸術劇場)
  • 「三銃士」(2011年7月17日 - 8月26日、帝国劇場 / 2011年9月3日 - 28日、博多座) - ボナシュー 役、他 / アクションリーダー担当
  • 「タイム・フライズ」(2011年12月1日 - 6日、THEATRE1010)
  • ハムレット」(2012年2月1日 - 22日、シアタークリエ / 2月25日 - 28日、梅田芸術劇場 / 3月3日 - 4日、中日劇場) - 墓掘り 役、他
  • 「エリザベート」(2012年5月9日 - 6月27日、帝国劇場 / 7月5日 - 26日、博多座 / 8月3日 - 26日、中日劇場 / 9月1日 - 28日、梅田芸術劇場) - 市長 役、他
  • シラノ」(2013年1月6日 - 29日、日生劇場 / 2月8日 - 10日、新歌舞伎座) - ド・カンダール公爵 役、他
  • レ・ミゼラブル」(2013年4月23日 - 7月10日、帝国劇場 / 8月3日 - 31日、博多座 / 9月7日 - 23日、大阪:フェスティバルホール / 10月1日 - 20日、愛知:中日劇場 / 11月4日 - 27日、帝国劇場) - ジャベール 役
  • 「プロパガンダ・コクピット」(2014年1月22日 - 26日、光が丘IMAホール) - 父ちゃん(ユズの父) 役
  • 「何処へ行く」(2014年3月20日 - 25日、THEATRE1010) - プラウティウス 役
  • オーシャンズ11」(2014年6月9日 - 7月6日、東急シアターオーブ / 10月23日 - 11月2日、梅田芸術劇場) - ハリー・ウッズ 役
  • 「シェルブールの雨傘」(2014年9月2日 - 21日、シアタークリエ / 9月25日、福岡市民会館 / 9月27日 - 29日、大阪:サンケイホールブリーゼ / 10月3日 - 5日、中日劇場)
  • ヴェローナの二紳士」(2014年12月7日 - 28日、日生劇場 / 2015年1月10日 - 12日、キャナルシティ劇場 / 1月17日 - 18日、愛知県芸術劇場 / 1月23日 - 25日、梅田芸術劇場)
  • 「レ・ミゼラブル」(2015年4月17日 - 6月1日、帝国劇場 / 6月10日 - 30日、中日劇場 / 7月8日 - 8月1日・8月8日 - 29日、梅田芸術劇場 / 9月5日 - 7日、オーバード・ホール(富山) / 9月17日 - 24日、静岡市清水文化会館マリナート) - ジャベール 役
  • 「何処へ行く」(2015年11月5日 - 10日、THEATRE1010) - ペテロ 役
  • 手紙」(2016年1月25日 - 31日、新国立劇場 / 2月5日 - 8日、新神戸オリエンタル劇場 / 2月10日、枚方市市民会館)
  • 「ルルドの奇跡」(2016年3月10日 - 13日、THEATRE1010) - ドズー医師 役
  • 「ダンナー・ジェンダップ」(2016年4月29日 - 5月8日、ザ☆キッチンNAKANO) - ダンナー・ジェンダップ 役
  • 「おでかけ姫」(2016年5月25日 - 29日、六行会ホール) - 丸岡丈治(久理子の父) / ジョージ一世(国王) 役
  • 王家の紋章」(2016年8月3日 - 27日、帝国劇場) - ミヌーエ将軍 役
  • スカーレット・ピンパーネル」(2016年10月19日 - 26日、赤坂ACTシアター / 10月30日 - 11月7日、梅田芸術劇場 / 11月24日 - 29日、東京国際フォーラム) - 執事ジェサップ 役、他
  • 「手紙」(2017年1月20日 - 2月5日、新国立劇場 / 2月11日 - 12日、新神戸オリエンタル劇場) - 平野 役、他
  • 「レ・ミゼラブル」(2017年5月21日 - 7月17日、帝国劇場 / 8月1日 - 26日、博多座 / 9月2日 - 15日、フェスティバルホール(大阪) / 9月25日 - 10月16日、中日劇場) - ジャベール 役
  • 「スカーレット・ピンパーネル」(2017年11月13日 - 15日、梅田芸術劇場 / 11月20日 - 12月5日、赤坂ACTシアター) - 執事ジェサップ 役、他
  • 「スター誕生」(2018年1月10日 - 14日、中目黒キンケロ・シアター) - 岡ピー 役
  • 「ジキル&ハイド」(2018年3月3日 - 18日、東京国際フォーラム / 3月24日, 25日、愛知県芸術劇場 / 3月30日 - 4月1日、梅田芸術劇場) - サベージ伯爵 役、他
  • ノートルダムの鐘」(2018年4月8日 - 8月28日、KAAT神奈川芸術劇場) - フロロー 役 ※出演は5月25日 - 8月19日
  • 生きる」(2018年10月8日 - 28日、赤坂ACTシアター) - 組長 役、他
  • 「ノートルダムの鐘」(2018年9月22日 - 2019年5月19日、名古屋四季劇場) - フロロー 役 ※出演は12月19日 - 1月20日
  • 「レ・ミゼラブル」(2019年4月19日 - 5月28日、帝国劇場 / 6月7日 - 25日、御園座 / 7月3日 - 20日、梅田芸術劇場 / 7月29日 - 8月26日、博多座 / 9月10日 - 17日、札幌文化芸術劇場hitaru) - ジャベール 役(予定)

受賞歴編集

  • 大阪新劇フェスティバル男優演技賞(邪馬台国物語)

脚注編集

  1. ^ http://digest.citylife-new.com/e51298.html
  2. ^ ユニット「OJIN」のメンバーは、川口の他に、KENTARO、萬谷法英、北川辰彦、藤田光之、持木悠。萬谷法英が脚本演出を担当し、コントを交えたライブを開いている。ただし2015年7月の博多ライブより北川辰彦は参加していない。
  3. ^ 「大阪芸大スカイキャンパス」(ラジオ大阪)2018年3月19日オンエア回より
  4. ^ http://ameblo.jp/tatatatsu0415/entry-11601960084.html
  5. ^ http://ameblo.jp/tatatatsu0415/entry-11609762606.html

外部リンク編集