メインメニューを開く

川崎 桃太(かわさき ももた、1915年3月3日 - 2019年9月30日)は、日本の言語学者歴史学者京都外国語大学名誉教授。

生涯編集

山口県大津郡俵山村(現・長門市)出身。1930年にブラジルに渡り[1]リオ・デ・ジャネイロ州ノーヴァフリブルゴ市アンシェータ大学哲学科卒業、サン・レオポルド市クリスト・レイ大学大学院修了。1955年に帰国後、カトリック河原町教会司祭を務める[1]。京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科助手を経て、1975年より教授[1]。1992年に名誉教授となる[1]

2019年9月30日、食道癌のため死去[2]。104歳没。

著作編集

単著編集

  • 『フロイスの見た戦国日本』(中央公論新社、2003年2月/中公文庫、2006年2月)
  • 『基礎ラテン語文法』(国際語学社、2007年9月)
  • 『続・フロイスの見た戦国日本』(中公文庫、2012年12月)
  • 『フロイスとの旅を終えて今想うこと』(三学出版、2015年7月)

共編著編集

翻訳編集

  • 『回想の織田信長 フロイス「日本史」より』 松田毅一共編訳、中公新書、1973年
  • 『秀吉と文禄の役 フロイス「日本史」より』 松田毅一共編訳、中公新書、1974年
  • ルイス・フロイス 『日本史』 松田毅一共訳、中央公論社(全12巻)、1977-80年、普及版1981-82年

受賞編集

脚注編集