川平朝清

日本のアナウンサー

川平 朝清(かびら ちょうせい、1927年8月30日 - )は、元放送局経営者。愛称は「カビラ・キヨシ」。バプテスト派クリスチャン日本バプテスト連盟)。

家族編集

  • 通訳や音楽の分野で琉球王朝に仕えた川平家の末裔。兄の川平朝申と共に伊江御殿支流向氏伊江殿内の家系である。
  • 長兄の朝申は朝清が高校卒業まで、台湾放送協会台北放送局ラジオ新聞初代編集長。小説・戯曲・詩の執筆、「銀の光こども楽園」で放送劇・児童劇を執筆・演出。
  • 二兄の朝甫は教師、RBC放送課長、同編成部長を歴任。放送劇(執筆・出演)や音楽執筆に携わった。
  • 三兄の朝宜は麻布獣医学校卒業後、畜産や舞踊で過ごした。
  • 妻はアメリカ人。3人の息子はジョン・カビラ(長男)、川平謙慈(次男)、川平慈英(三男)。

経歴編集

  • 日本統治下の 台湾台中市生まれ。
  • 小学生時より台湾放送協会で放送劇に出演。医学を志し、台北高等学校理科乙類Ⅰを卒業。戦後は沖縄に引き揚げ、米兵の相手をする沖縄女性の性病検査の仕事、沖縄民政府芸術課長を歴任。
  • 1950年 琉球の声放送RBCの前身)を設立した長兄に頼まれ、同局の初代アナウンサーに就任。
  • 1952年 NHKアナウンサー25期の養成研修を受講(同期に鈴木健二等)。帰局後、放送課長・チーフアナウンサーに昇格。
  • 1953.10-1957.10 ミシガン州立大学大学院に留学し、放送局の経営を学ぶ。修士論文は沖縄を交えた内容。
  • 1957-1967 RBCに戻り、KSBK(英語放送)局長を1年、その後は編成課長、解説委員長、常務取締役を歴任。座安盛徳社長の通訳も務めた。
  • 1967.9.23 沖縄放送協会初代会長。
  • 1972.5.15 沖縄放送協会の解散でNHKへ移り、会長室主幹(国際協力)、経営企画室国際協力担当経営主幹を歴任。
  • 1992 NHK退職後は昭和女子大学で英文科教授、副学長、副理事長、監事を経て、2011年に名誉理事、名誉教授。沖縄関連で明仁天皇に度々進講
  • 近年は神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町に住み、現在は東京都港区在住。

著書編集

  • 犬はだれだ、ぼくはごみだ わが家の子育て記録 岩崎書店 2007.12
  • 沖縄問題とキリスト者の責任 新崎盛暉,高橋三郎共著 聖燈社 1970

関連項目編集