ギャラクシー賞

ギャラクシー賞
受賞対象 放送文化に貢献した優秀な番組、個人、団体
開催日 毎年6月
会場 セルリアンタワー東急ホテル
日本の旗 日本
授与者 放送批評懇談会
初回 1963年
最新回 2015年
公式サイト http://www.houkon.jp/galaxy/kako.html

ギャラクシー賞(ギャラクシーしょう)は、放送批評懇談会日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰する賞である[1]

目次

概要編集

放送批評懇談会設立の1963年に創設された賞で、放送批評懇談会会員から選ばれた選奨事業委員会が、応募のあった作品および選奨事業委員会が推奨した作品(CM部門を除く)の中から、「テレビ部門」「ラジオ部門」「CM部門」「報道活動部門」の4部門について各賞を表彰する。賞の決定を第三者に委託する顕彰制度が主流となっている中で、会員のみで選考することで賞の独立性を維持しつづけているという[1]。審査対象になる期間は毎年4月1日から翌年3月31日まで。テレビ部門は月間賞を表彰している。部門毎に10月に上期の、翌年4月に下期の選考会を実施し、翌5月に最終選考会を開き決定される。

各部門に以下の賞が贈られる。

  • 大賞 1本
  • 優秀賞 若干本
  • 選奨 若干本
  • 特別賞 若干本(不定期)
  • 個人賞 1名(テレビ部門のみ)
  • DJパーソナリティ賞 1名(ラジオ部門のみ)
  • 奨励賞

マイベストTV賞編集

上述の通り、ギャラクシー賞は放送批評懇談会会員のみの選考で選ばれるが、2007年(第44回)からはこれとは別途、一般視聴者の投票により選ばれる「マイベストTV賞」が設けられている。放送批評懇談会選奨事業委員会が候補番組を選定し、これを月1回の割合で放送批評懇談会Gメンバー(放送関係者以外が入会できる「オンライン会員」)が投票して選考される。年間賞はグランプリとしてギャラクシー賞と共に表彰される。

これまでのグランプリは以下の通り[2]。ジャンルの定めは特にないが、これまですべてテレビドラマが受賞している。

志賀信夫賞編集

放送評論家で放送批評懇談会元理事長の志賀信夫の功績をたたえるために2010年(第47回)創設された賞で、広く放送文化の発展に貢献した人物等を表彰する。これまでの受賞者は以下の通り。

沿革編集

  • 1964年(第1回) - テレビとラジオ毎に「芸能部門」「教育教養部門」「報道部門」で表彰(個人表彰はなし)
  • 1966年(第3回) - 部門構成が改められ、テレビは「フィクション部門」「芸能以外の部門」「個人部門」、ラジオは「芸能部門」「芸能以外の部門」「個人部門」となる。
  • 1967年(第4回) - 部門構成が廃止され、一律に「ギャラクシー賞」として作品・団体(放送局・プロダクションなど)・個人を表彰。
  • 1969年(第6回) - 賞名が「放送批評家賞(ギャラクシー賞)」となる。
  • 1973年(第10回) - 賞名が「ギャラクシー賞」に戻る。
  • 1977年(第14回) - 賞が「大賞」「ギャラクシー賞」「特別賞」「選奨」に細分化される。
  • 1983年(第20回) - 通常の賞の他、「ギャラクシー賞制定20周年記念・特別賞」を表彰。
  • 1984年(第21回) - この年のみ「特別賞」を「個人賞」として表彰(受賞者は浅丘ルリ子[4]
  • 1988年(第25回) - 通常の賞の他、「ギャラクシー賞25周年記念特別賞」として「平和の賞」「愛の賞」「まなびの賞」「ユーモア賞」「出版賞」を表彰。
  • 1989年(第26回) - 「ギャラクシー賞」が「優秀賞」に名称変更。
  • 1990年(第27回) - テレビ部門とラジオ部門に再分離。各部門ごとに「大賞」「優秀賞」「選奨」「特別賞」「個人賞」を表彰する形となる。
  • 1993年(第30回) - 通常の賞の他、「ギャラクシー賞30周年記念賞」「小谷正一記念賞」(受賞者は牛山純一[5]を表彰。
  • 1994年(第31回) - ラジオ部門の「個人賞」が「DJパーソナリティ賞」に名称変更。
  • 1996年(第33回) - CM部門を創設(「大賞」「CM賞」を表彰)。テレビ部門で「戦後50年特別賞」を表彰。
  • 1998年(第35回) - 通常の賞の他、「ギャラクシー賞35周年記念賞」「放送批評懇談会35周年記念 城戸又一賞」(受賞者は田原総一朗[6]を表彰。
  • 2003年(第40回) - 報道活動部門を創設。各部門の賞構成が現在のものとなる(ただしラジオ部門はこの年のみ「ラジオ番組制作者賞」を別途表彰)。通常の賞の他、「岩田糸子賞」(受賞者は黒柳徹子[7]「放送批評懇談会創立40周年記念賞」を表彰。
  • 2005年(第42回)- テレビ部門で『笑ってコラえて! 文化祭 吹奏楽の旅 完結編 一音入魂スペシャル』(日本テレビ系)がバラエティ番組としては初の大賞受賞[8]
  • 2007年(第44回)- 「マイベストTV賞」を創設。
  • 2008年(第45回) - 通常の賞の他、「ギャラクシー賞45周年記念賞」を表彰。
  • 2010年(第47回)- 「志賀信夫賞」を創設。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b ギャラクシー賞概要”. 放送批評懇談会. 2016年7月3日閲覧。
  2. ^ 年間グランプリ アーカイブ”. 放送批評懇談会会員サイト. 放送批評懇談会. 2016年7月3日閲覧。
  3. ^ “ギャラクシー賞:「志賀信夫賞」に山本雅弘氏 「東京一極集中の中、地方に光」”. 毎日新聞. (2016年6月11日). http://mainichi.jp/articles/20160611/ddf/012/200/009000c 2016年7月3日閲覧。 
  4. ^ 第21回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年7月3日閲覧。
  5. ^ 第30回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年7月3日閲覧。
  6. ^ 第35回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年7月3日閲覧。
  7. ^ 第40回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2016年7月3日閲覧。
  8. ^ “主役はあくまで一般人 “笑コラ”が20年支持された理由”. ORICON STYLE. (2016年7月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2074434/full/ 2016年7月3日閲覧。 

外部リンク編集