メインメニューを開く

川村 健一(かわむら けんいち、1959年8月11日[1] - )は、日本実業家コンコルディア・フィナンシャルグループ代表取締役社長。神奈川経済同友会代表幹事。第14代横浜銀行代表取締役頭取。

人物・経歴編集

神奈川県川崎市生まれ[2]神奈川県立多摩高等学校を経て[3]横浜国立大学経済学部卒業。藪下史郎ゼミ出身[2]ピアニスト国府弘子は高校の同級生[3]。 1982年横浜銀行入行。新横浜支店長[2]、統合リスク管理室長[4]融資部長を経て、2009年綱島支店長兼綱島エリア委員長となるが、心労から気胸に罹患する[4][5]監査部長、リスク統括部長[4][2]を経て、2012年執行役員、2013年取締役、2015年常務執行役員[6]

2016年には財務省出身の寺澤辰麿前頭取に取り立てられ、生え抜き初の頭取となる。しかし、一方で横浜銀行と東日本銀行の親会社として設立されたコンコルディア・フィナンシャルグループにおいては寺澤辰麿と石井道遠大矢恭好が代表取締役、川村は取締役となった。

2018年には「クーデター」により天下り排除のため、大矢恭好を後任頭取とし、自身がコンコルディア・フィナンシャルグループ社長となる人事案を断行した[7][8]。一般社団法人全国地方銀行協会副会長[9]、一般社団法人横浜銀行協会会長[10]等を兼務した。

経歴編集

  • 1982年(昭和57年)
    • 4月:横浜銀行入行。
  • 2005年平成17年)
    • 4月:同統合リスク管理室長
  • 2007年(平成19年)
    • 4月:同融資部長
  • 2009年(平成21年)
    • 4月:同網島支店長兼網島エリア委員長
  • 2012年(平成24年)
    • 5月:同執行役員リスク統括部長
  • 2013年(平成25年)
    • 6月:同取締役執行役員
  • 2015年(平成27年)
    • 4月:同取締役常務執行役員
  • 2016年(平成28年)
    • 4月:コンコルディア・フィナンシャルグループ取締役
    • 6月:横浜銀行代表取締役頭取
  • 2018年(平成30年)
    • 6月:コンコルディア・フィナンシャルグループ代表取締役社長

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 当社代表取締役の異動ならびに当社および子会社役員の人事異動について”. コンコルディア・フィナンシャルグループ (2018年3月29日). 2019年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 横浜銀行頭取川村健一×横浜国立大学学長長谷部勇一「横浜、神奈川ならではの成長戦略を描く - 学長対談 - 横浜国立大学」
  3. ^ a b 文芸春秋(2017年10月号)「同級生交歓」
  4. ^ a b c 臨時株主総会招集通知 (PDF)”. 横浜銀行 (2015年11月20日). 2018年5月20日閲覧。
  5. ^ 「転機 横浜銀行頭取・川村健一さん 心のゆとりの大切さ、病気で知る」毎日新聞2016年11月22日
  6. ^ 「横浜銀行頭取に川村氏 初の生え抜き 」日本経済新聞2016/3/16
  7. ^ 70年越しの脱・大蔵省、コンコルディアFG、全トップに生え抜き、プロパー反抗、金融庁が後ろ盾(真相深層)
  8. ^ 「横浜銀行頭取に川村氏 初の生え抜き」日本経済新聞2016/3/16
  9. ^ 全国地方銀行協会役員名簿 (PDF)”. 全国地方銀行協会 (2017年7月12日). 2018年5月20日閲覧。
  10. ^ “神奈川県中小企業再生支援協議会会長に上野孝氏が就任(再任)” (PDF) (プレスリリース), 神奈川産業振興センター, (2017年6月15日), http://www.kipc.or.jp/wp/pdf/20170615_press.pdf 2018年5月20日閲覧。 


先代:
寺澤辰麿
コンコルディア・フィナンシャルグループ社長
第2代: 2018年‐
次代:
(現職)
先代:
寺澤辰麿
横浜銀行頭取
第14代: 2016年‐2018年
次代:
大矢恭好