メインメニューを開く

藪下 史郎(やぶした しろう、1943年 - )は、日本の経済学者早稲田大学名誉教授。専門は金融論。

目次

経歴編集

兵庫県出身。1966年東京大学経済学部卒業、1968年東京大学大学院修士課程修了後、アメリカイェール大学大学院に留学。情報の経済学で後にノーベル経済学賞を受賞するジョセフ・E・スティグリッツの下で学ぶ。1972年に同大学院を修了し、Ph.D(Economics)を取得。帰国後は、1972年に東京都立大学経済学部専任講師。同助教授を経て、1976年横浜国立大学経済学部助教授。同教授を経て、1991年より早稲田大学政治経済学部教授。2014年定年退職。

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『日本経済と財政政策』(東洋経済新報社 1987年)
  • 『金融論』(有斐閣 初版・1993年、新版・2000年
  • 中小企業金融入門』(東洋経済新報社 2002年)
  • 『市場競争と市場価格』(日本評論社 2005年

共訳編集

  • ジェームズ・トービン『マクロ経済学の再検討』(日本経済新聞社 1981年
  • ジョセフ・E・スティグリッツ『スティグリッツ 入門経済学』(東洋経済新報社 初版・1994年、2版・1999年、3版・2005年)
  • ジョセフ・E・スティグリッツ『スティグリッツ ミクロ経済学』(東洋経済新報社 初版・1994年、2版・2001年)
  • ジョセフ・E・スティグリッツ『スティグリッツ マクロ経済学』(東洋経済新報社 初版・1995年、2版・2001年)
  • ジョセフ・E・スティグリッツ『スティグリッツ 公共経済学 上・下』(東洋経済新報社 初版・1996年、2版・上2003年、下2004年)
  • ジェームズ・トービン『トービン 金融論』(東洋経済新報社 2003年)

関連項目編集