川瀬 敏文(かわせ としふみ、1958年 -)は日本男性アニメーション演出家監督脚本家である。

目次

経歴編集

当初「サンライズ」の作品に従事しており、『戦闘メカ ザブングル』の設定担当、『聖戦士ダンバイン』の設定制作といった富野由悠季高橋良輔等の監督作品を経て演出デビューを果たし、OVA作品『DEAD HEAT』で監督デビュー。

ガンダムシリーズ勇者シリーズの製作にも携わり、1991年からは監督として『絶対無敵ライジンオー』、『元気爆発ガンバルガー』、『熱血最強ゴウザウラー』と直結したエルドランシリーズで高い評価と注目を浴びる。また、同シリーズでは谷口悟朗をアニメ演出家として育て上げたことで有名である。

非常に細かい部分にまで手を抜かない演出をする事で有名。

近年は「サンライズ」だけではなく、「スタジオディーン」での仕事が多く、さらに演出よりもシリーズ構成として作品に参加していることが多い。

参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集


外部リンク編集