エルドランシリーズ

エルドランシリーズとは、サンライズ1991年から1994年にかけて制作・放送したロボットアニメ三部作の総称。シリーズを通して光の戦士「エルドラン」(声:島田敏)が登場することからこう呼ばれる。広義にはアニメシリーズ終了後、出版物・web上で展開された後続作品を含む。

目次

概要編集

シリーズに共通する内容は、光の戦士エルドランから巨大ロボットを託された小学生たちが、地球の平和を脅かす侵略者と戦う、というもの。全作品の世界は同一だが、シリーズを通して登場するのはエルドラン、防衛隊の武田長官、ニュースキャスターとしての大宮恵津子の三者にとどまり、主人公たちが共演したのは『元気爆発ガンバルガー』第17話にライジンオーが登場した時だけであった(後に雑誌やネットで展開された『完全勝利ダイテイオー』(後述)では四作品の主人公の共演が見られる)。

登場するロボットは動物恐竜などの生物をモチーフにしており、合体後の主役ロボは、鳥や翼竜型メカに由来する大きな翼を背負った鳥人的なスタイルが意匠的な特徴となっている。また、人型のロボットは、分離状態(コアロボット)では、マスクをかぶったような顔立ちをしており、合体時に口元が露出するデザインとなる。

ドラマ上の最大の特徴は、小学生の少年達(クラスメイト)が団結してエルドランから預かったロボットで戦うという点で、小学生の日常が戦闘と絡む形で描かれ、舞台となる小学校(または町全体)が基地またはロボットそのものになる。ヒーローロボット物の定番である「名乗り」を合体直後ではなく、敵を倒した後に勝ち名乗りとして行うのも本シリーズの個性である。

3作品に共通するスポンサーは玩具メーカーのトミー(現タカラトミー)と菓子メーカーのカバヤ食品。カバヤ食品は勇者シリーズとも共通するスポンサーであった。

テレビアニメーションとしてのエルドランシリーズは『熱血最強ゴウザウラー』をもって終了したが、その後、ファンからの要望などに応えて2000年にその世界観を引き継ぐ作品『完全勝利ダイテイオー』が発表された。テレビシリーズの製作は行われておらず(プロモーション映像は製作されている)、電撃ホビーマガジンでの連載やネット上での展開が中心となっている。

2001年にはGBカラーソフト『ブレイブサーガ 新章 アスタリア』に『絶対無敵ライジンオー』、『元気爆発ガンバルガー』、『熱血最強ゴウザウラー』、雑誌展開のみであった『完全勝利ダイテイオー』と全ての作品がゲームに初出演した。

2004年に『絶対無敵ライジンオー』が、『スーパーロボット大戦GC』に登場。後に、2009年発売の『スーパーロボット大戦NEO』には、ライジンオーに加え『元気爆発ガンバルガー』、『熱血最強ゴウザウラー』、雑誌展開のみであった『完全勝利ダイテイオー』と全ての作品がスーパーロボット大戦シリーズに出演する事となった。

2作目の『元気爆発ガンバルガー』ではゲストとして『絶対無敵ライジンオー』のキャラクターが登場していたが『ブレイブサーガ 新章 アスタリア』ではゲーム作品の中で唯一その事に触れられている[1]

TVアニメ作品編集

雑誌・Web作品編集

登場ロボット編集

絶対無敵ライジンオー(1991年 - 1992年)編集

  • ライジンオー(剣王 + 鳳王 + 獣王 / 初登場:第1話)
  • バクリュウオー(ビーストモード:ドラゴン(バクリュウドラゴン) / 初登場:第22話)
  • ゴッドライジンオー(ライジンオー + バクリュウオー)(初登場:第23話)

元気爆発ガンバルガー(1992年 - 1993年)編集

  • ガンバルガー(ゴウタイガー + マッハイーグル + キングエレファン / 初登場:第1話)
  • リボルガー(ビーストモード:グリフォン / ウェポンモード:巨大キャノン砲(リボルバスター) / 初登場:第15話)
  • ゲキリュウガー(ビーストモード:ドラゴン / 初登場:第22話)
  • グレートガンバルガー(ガンバルガー + リボルガー + ゲキリュウガー / 初登場:第23話)

熱血最強ゴウザウラー(1993年 - 1994年)編集

  • ゴウザウラー(マッハプテラ + ランドステゴ + サンダーブラキオ)(初登場: 第1話)
  • マグナザウラー(ビーストモード:ティラノサウルス(マグナティラノ) / 初登場:第18話)
  • ゴウザウラー マグナバスター装着モード(ゴウザウラー + マグナザウラー / 初登場:第18話)
  • グランザウラー(ビーストモード:トリケラトプス(グラントプス) / ビークルモード:ジェット機(グランジェット) / 初登場:第26話)
  • キングゴウザウラー(ゴウザウラー + マグナザウラー + グランザウラー)(初登場:第29話)
  • ガクエンガー(キングゴウザウラー + 春風小学校)(第50話のみ)

完全勝利ダイテイオー(2000年 - 2002年)(雑誌・Web作品)編集

  • ダイテイオー(テイオー + クウオー + リクオー)
  • ダイリュウオー(ビーストモード:青龍(リュウオー))
  • パーフェクトダイテイオー(ダイテイオー + ダイリュウオー)
  • ダイゲンオー(ビーストモード:ウミガメ(ダイゲンブ)) / ウェポンモード:シールド/巨大キャノン砲(ゲンブロック))

TVアニメ版の主なネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 制作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
青森県 青森放送 日本テレビ系列 遅れネット
岩手県 テレビ岩手 ガンバルガーまで
岩手放送 TBS系列 ゴウザウラーのみ
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 ライジンオーを除き放送
宮城県 ミヤギテレビ
福島県 福島中央テレビ ゴウザウラーのみ
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州 ゴウザウラーのみ
富山県 チューリップテレビ TBS系列
石川県 テレビ金沢 日本テレビ系列
愛知県 テレビ愛知 テレビ東京系列 同時ネット
大阪府 テレビ大阪 ゴウザウラーは放送終了から2年後に再放送
京都府 KBS京都 独立UHF局 遅れネット ゴウザウラーは放送終了から3年後に再放送
奈良県 奈良テレビ ガンバルガーまで
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列
香川県
岡山県
テレビせとうち テレビ東京系列 同時ネット
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列 遅れネット
福岡県 TXN九州 テレビ東京系列 同時ネット [2]
熊本県 くまもと県民テレビ 日本テレビ系列 遅れネット

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ アスタリアの新規作品は作品世界が個別のものが多く、さらにそれぞれ時系列が異なるので仁は知らないが(会う前なので)、虎太郎はライジンオーを知っていた。
  2. ^ 現社名は『TVQ九州放送』。

関連項目編集

テレビ東京 水曜18:00枠
前番組 番組名 次番組
エルドランシリーズ

外部リンク編集