メインメニューを開く

川霧の橋』(かわぎりのはし)は、宝塚歌劇団で演じられた舞台作品。

原作は、山本周五郎の作品『柳橋物語[1]』と『ひとでなし[1]』。脚本・演出は柴田侑宏[1]

形式名は「江戸切絵[1]」。15場[1]

運命に弄ばれながらも、懸命に生きる若者たちの姿を描く。

月組1990年8月9日から9月18日[2](新人公演:8月24日[3])に宝塚大劇場で、同年12月2日から12月26日[4](新人公演:12月11日[3])に東京宝塚劇場で上演した。併演はミュージカル・レビュー『ル・ポアゾン 愛の媚薬[1]』。

月組トップコンビ、剣幸こだま愛の宝塚さよなら公演。

あらすじ編集

※宝塚歌劇100年史の宝塚大劇場[5]公演を参考にした。

平穏な生活に営んでいた若者たちが、大火を機に大きな運命の流れに弄ばれながらも懸命に生きていく姿を、情趣豊かな江戸隅田川界隈の風景の中で感動的に描いた作品。杉田屋の大工の幸次郎は、研ぎ職・源六の孫のお光を想っていたが、幸次郎に跡継ぎの座を奪われた清吉が、先手を打ってお光のに嫁になってくれと申し出たのである。そんな中、江戸の下町に大火が見舞う。

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚[2]」、「東京[4]」の文字がなければ両劇場共通。

主な登場人物編集

  • 幸次郎 - 大工の棟梁家・杉田屋の次期棟梁。
  • お光 - 研ぎ職人・源六の孫娘。
  • 半次 - 幸次郎の後見人。

配役編集

※「()」の人物は新人公演・配役。氏名の前に「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 80年史 1994, p. 341、342.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 80年史 1994, p. 341.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 80年史 1994, p. 344.
  4. ^ a b c d 80年史 1994, p. 342.
  5. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 165.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5