工藤 真(くどう まこと)は、日本の愛知県出身の元アマチュア野球選手である。ポジションは投手

工藤 真
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 1949年
身長
体重
182 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物 編集

豊橋東高校では、1967年夏の甲子園県予選4回戦に進むが、東邦高に敗退し甲子園出場を果たすことができなかった。同年のドラフト会議中日ドラゴンズから6位指名されたが入団を拒否。

慶應義塾大学に進学[1]1970年から投手陣の一角として活躍。1年下の長谷部優萩野友康両左腕投手とともに1971年秋季リーグでの4年ぶりの優勝に貢献した。リーグ通算26試合登板、10勝4敗、防御率2.19、58奪三振。1970年春季リーグでは慶東2回戦で、長谷部との継投によるノーヒットノーランを達成している[2]。大学同期に打線の中心であった一塁手松下勝実がいた。

大学卒業後は東京ガスに入社。1974年には都市対抗に19年ぶりの出場を果たす。準々決勝に進むが新日本製鐵堺の中川善弘に7回降雨コールド完封負けを喫する[3]。直後に来日したキューバ代表と社会人野球選抜の交流試合にも登板、11月の社会人野球選抜キューバ遠征にも参加した。翌1975年都市対抗でも準々決勝に進むが大丸に敗退[3]。同年のインターコンチネンタルカップ日本代表にも選出される。その後は松沼博久にエースの座を譲るが、松沼は1979年にプロ入り。1981年都市対抗では準決勝に進むが、電電東京竹舛和也に抑えられ敗退[3]。同大会の小野賞を獲得し、10年連続出場選手表彰を受けた。この時のチームメイトに金森栄治プリンスホテルから補強)、斉藤浩行がいた。

脚注 編集

  1. ^ 過去のドラフト 第3回(1967年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2020年6月25日閲覧。
  2. ^ 一般財団法人 東京六大学野球連盟”. www.big6.gr.jp. 2020年6月22日閲覧。
  3. ^ a b c 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目 編集