松沼 博久(まつぬま ひろひさ、1952年9月29日 - )は、東京都墨田区出身の元プロ野球選手投手)。現役時代は西武ライオンズに在籍。

松沼 博久
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都墨田区
生年月日 (1952-09-29) 1952年9月29日(64歳)
身長
体重
175 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 ドラフト外
初出場 1979年4月12日
最終出場 1990年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

弟も元西武投手の松沼雅之で、西武在籍当時は「松沼兄(=博久)」「松沼弟(=雅之)」と呼ばれていた。通称「アニヤン」。

目次

来歴編集

プロ入りまで編集

東京都墨田区から千葉県流山市に転居。当時の茨城県の公立高校は越境入学が可能であったため、取手二高に進学。卒業後は東洋大学に入学。後に西武でチームメイトになる同期の市村則紀と、投手の二本柱として活躍した。しかし東都大学リーグでは優勝に届かず、1973年秋季リーグから3季連続で2位に甘んじる。4年生の1974年秋季リーグは全試合に登板し、8勝5敗の成績を残した。リーグ通算60試合登板し、22勝13敗、防御率2.40、203奪三振。

卒業後は東京ガスに入社。1978年都市対抗では、1回戦で丸善石油から毎回の17三振を奪い、平松政次の持つ大会記録(16奪三振)を塗り替える。また7連続奪三振の大会記録も樹立した。同年の日本選手権では4勝をあげ決勝に進出するが、北海道拓殖銀行に0-1で惜敗した。この大会では敢闘賞を獲得し、同年の社会人ベストナインにも選出されている。

現役時代編集

1978年のドラフト外で西武ライオンズに、東洋大に在籍していた弟の雅之と同時に入団。1979年は、小柄ながらアンダースローから繰り出される独特のボールを武器に、チーム最多の16勝を挙げ、新人王に輝いた。同年はライオンズが福岡から所沢に移転した最初の年であったが、チームは最下位に沈み、開幕から2つの引き分けを挟む12連敗を記録する。この連敗を止め、所沢での初勝利を挙げたのはこの松沼であった。

翌年以降も先発投手として活躍し、1982年のリーグ優勝に貢献。同年の中日との日本シリーズでも2試合に先発[1]し、1958年以来の日本一に力を添えた。その後も東尾修森繁和らとともに、チームの主力投手として西武黄金時代を築く。1985年頃から、後にトレードマークとなっている口ひげを蓄えるようになった。1990年限りで引退。川崎球場でのロッテオリオンズとのレギュラーシーズン最終戦が引退試合となったが、相手チーム先発の村田兆治もこの試合限りでの引退を表明している。

解説者、指導者として編集

引退後は1991年から1994年までフジテレビニッポン放送の野球解説者、1993年には「プロ野球ニュース」の週末のキャスターを務める。1995年に西武時代の監督広岡達朗GMを務める千葉ロッテマリーンズの一軍ブルペンコーチに就任。1996年から1997年は二軍投手コーチ、1998年は再び一軍ブルペンコーチを務めていたが12連敗(最終的には18連敗)の責任を取らされる形で一軍投手コーチの中村稔がシーズン途中に解任となりシーズン終了後まで一軍投手コーチ、1999年は二軍投手コーチを務め、同年退団。

2000年から2001年テレビ朝日文化放送野球解説者。2002年から西武一軍投手コーチを務めるが、前半戦が終了した2003年7月17日に投手陣不振の責任(チーム防御率4.28)を取らされる形で弟・雅之と一・二軍を入れ替えられ、球団代表の小野賢二は「前半戦の投手陣のふがいなさ含めて松沼博久コーチに一切の責任を取ってもらった。現場ではなく、フロントが決断した」と話した[2]。 事実上の更迭となり同年限りで兄弟共に退団した。

その後はJ SPORTS解説者を務めながら2006年より茨城ゴールデンゴールズ投手コーチ、2009年より同チームのヘッドコーチを務め、全日本クラブ野球選手権初出場、初優勝する。2010年も優勝し2連覇を達成したが、監督の萩本欽一と同時に退団。また、プロ野球マスターズリーグの札幌アンビシャスに加入していた。

2012年よりテレ朝チャンネル解説者、さらに2015年からは再び文化放送の解説者を務めている。

人物編集

  • バッティングは左打であるが、転向したのは高校生の時。大学時には打席で敬遠されるほどのセンスがあった(当時、東都大学リーグでは指名打者制がなかったため、投手も打席に立っていた)[3]
  • 弟の雅之とは非常に仲がよく、お互いが先発する時には、大声を張り上げてベンチで応援していたという。現役当時は自宅が隣同士であった。現役引退後も同じ試合の解説を担当した際に、雅之を自身の車で家まで送るほどである[4]
  • プロ入り時、雅之とあわせて契約金1億5千万円という、ドラフト外としては破格の契約金でプロ入りした。交渉にあたり、雅之と「どうせなら吹っかけてみようか」と話していたら、西武球団が本当に出してきたので驚いたと、雅之は著書にて語っている。
    • 当時西武球団社長であった坂井保之によると、当初博久は東京ガスに残留、雅之もプロ入りせずに東京ガス入社と語っていたが、その情報を得た西武球団側は巨人による囲い込みと判断。毒島章一を松沼兄弟専属担当スカウトにさせ、巨人との交渉が煮詰まった頃合いを見計らい毒島と戸田博之根本陸夫が会食に誘い西武入団を決断させた。また巨人は2人合わせて1億2千万の契約金を提示していたところ、西武は1億5千万円を提示したと記している[5]
  • 新人時代、野村克也とよく先発バッテリーを組むことが多く、時折、カウント3ボール2ストライクからボール球を要求され、フルカウントからボール球で三振をとるのが本当のプロのピッチャーであると学んだという。
  • 西武コーチ時代、松坂大輔との確執(松坂本人が雑誌Sports Graphic Number 誌上で語った)もあったとされている。
  • 現役時代、口髭を貯えていたことで有名であるが、この口髭を貯えはじめたのはプロ入り8年目あたりの現役終盤に差し掛かった頃である。きっかけは、当時の西武黄金時代のスター選手が揃った投手陣の中で、注目を集めるにはどうしたらよいかと考えた末、口髭を生やすことにしたとのこと。結果、注目を集めることに成功し、今でもファンから「髭のアニヤン」と呼ばれ親しまれていることに、本人も髭を生やして良かったと語っている[6]
  • 登場曲は「忍者ハットリ君」。引退まで12年間同じ曲で通した

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1979 西武 34 29 10 0 0 16 10 0 -- .615 885 212.1 189 25 80 2 11 134 2 0 101 95 4.03 1.27
1980 33 29 13 0 2 9 14 1 -- .391 852 202.2 188 36 58 3 11 139 1 0 97 89 3.95 1.21
1981 23 20 7 0 2 5 13 0 -- .278 523 120.1 127 19 36 0 8 69 0 0 66 59 4.41 1.35
1982 34 25 10 2 0 10 9 0 -- .526 705 180.2 130 20 36 3 9 152 0 0 61 57 2.84 0.92
1983 23 22 3 0 0 12 6 0 -- .667 551 132.0 111 23 47 1 6 87 3 0 59 56 3.82 1.20
1984 26 26 8 1 1 12 7 0 -- .632 644 154.0 138 13 47 1 10 90 0 0 78 71 4.15 1.20
1985 27 26 8 1 0 14 6 0 -- .700 715 171.0 154 32 60 4 7 88 1 0 87 79 4.16 1.25
1986 20 20 3 2 0 5 6 0 -- .455 414 94.1 94 13 36 4 9 40 0 0 63 56 5.34 1.38
1987 15 14 2 0 0 8 5 0 -- .615 332 77.2 69 8 30 4 6 39 0 1 34 33 3.82 1.27
1988 23 19 4 2 0 6 6 0 -- .500 481 113.2 107 16 34 9 8 48 2 0 61 54 4.28 1.24
1989 24 23 8 1 0 11 5 0 -- .688 619 146.0 124 20 66 5 5 58 2 0 70 60 3.70 1.30
1990 15 13 0 0 0 4 7 0 -- .364 266 57.1 65 7 26 1 4 31 1 0 40 35 5.49 1.59
通算:12年 297 266 76 9 5 112 94 1 -- .544 6987 1662.0 1496 232 556 37 94 975 12 1 817 744 4.03 1.23

タイトル編集

  • 最多奪三振(当時連盟表彰なし):1回 (1982年) ※パシフィック・リーグでは、1989年より表彰

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 15 (1979年 - 1990年)
  • 85 (1995年 - 1999年)
  • 77 (2002年 - 2003年)

関連情報編集

脚注編集

  1. ^ 広岡達朗監督時代に出場した3度の日本シリーズでは、東尾修をロングリリーフに回すという戦術の都合もあり、3度とも松沼が第1戦の先発投手を務めた。
  2. ^ 松沼博コーチが2軍降格 投手陣不振の責任とる共同通信社、2003年7月17日
  3. ^ 「野球小僧 アンダースロー論」
  4. ^ [ブログ]かたり職人 小笠原 聖のホームページ
  5. ^ 坂井保之・永谷脩『西武と巨人のドラフト10年戦争』宝島社刊、ISBN 978-4800207609 2013年6月7日発行(88-92ページ)
  6. ^ 2014年3月19日CSテレ朝チャンネル2で中継された「オープン戦西武対広島」において、西武のランディ・ウィリアムスが顎髭を貯えていることが話題となり、その流れでこの中継の解説を務めていた松沼の口髭について、本人が語ったエピソード。
  7. ^ がんばれ!Victory、新曲MVで元プロ野球選手と乱闘”. 音楽ナタリー (2015年8月4日). 2015年8月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集