メインメニューを開く

巷の恋』(ちまたのこい、イタリア語: L'amore in città, 「都市における恋愛」の意)は、1953年(昭和28年)製作・公開、イタリアオムニバス映画である[1][2]。日本語での別題は『都市の恋』(としのこい)、『街の恋』(まちのこい)[2]

巷の恋
L'amore in città
監督 フェデリコ・フェリーニ
ミケランジェロ・アントニオーニ
カルロ・リッツァーニ
ディーノ・リージ
フランチェスコ・マゼッリ
チェーザレ・ザヴァッティーニ
アルベルト・ラットゥアーダ
脚本 ディーノ・リージ
ミケランジェロ・アントニオーニ
アルド・ブッツィ
ルイジ・キアリーニ
ルイージ・マレルバ
トゥリオ・ピネリ
ヴィットリオ・ヴェルトローニ
チェーザレ・ザヴァッティーニ
フェデリコ・フェリーニ
マルコ・フェレーリ
アルベルト・ラットゥアーダ
製作 マルコ・フェレーリ
リカルド・ギオーネ
チェーザレ・ザヴァッティーニ
音楽 マリオ・ナシンベーネ
撮影 ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ
編集 エラルド・ダ・ローマ
製作会社 イタリアの旗 ファロ・フィルム
配給 イタリアの旗 DCN
日本の旗 日本テレビ放送網 (テレビ放映) / 東北新社 (ビデオグラム発売)
公開 イタリアの旗 1953年11月26日
日本の旗 1997年11月28日 (ビデオグラム発売)
上映時間 105分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

目次

構成編集

  1. 第一話『お金で買う愛』 - L'Amore che si paga : 監督カルロ・リッツァーニ、脚本ディーノ・リージ、脚本アルド・ブッツィ / ルイジ・キアリーニ / ルイージ・マレルバ / トゥリオ・ピネリ / ヴィットリオ・ヴェルトローニ / チェーザレ・ザヴァッティーニ
  2. 第二話『自殺未遂』 - Tentato suicido : 監督・脚本ミケランジェロ・アントニオーニ、脚本アルド・ブッツィ / ルイジ・キアリーニ / ルイージ・マレルバ / トゥリオ・ピネリ / ヴィットリオ・ヴェルトローニ / チェーザレ・ザヴァッティーニ
  3. 第三話『4時間のパラダイス』 - Paradiso per 4 ore : 監督・原作ディーノ・リージ、脚本アルド・ブッツィ / ルイージ・マレルバ / トゥリオ・ピネリ / ヴィットリオ・ヴェルトローニ / チェーザレ・ザヴァッティーニ
  4. 第四話『結婚相談所』 - Un Agenzia matrimoniale : 監督・脚本フェデリコ・フェリーニ、脚本トゥリオ・ピネリ
  5. 第五話『カテリーナの物語』 - Storia di Caterina : 監督チェーザレ・ザヴァッティーニ / フランチェスコ・マゼッリ、脚本チェーザレ・ザヴァッティーニ
  6. 第六話『イタリア人は見つめる』 - Gli Italiani si voltano : 監督・脚本アルベルト・ラットゥアーダ、脚本アルド・ブッツィ / ルイジ・キアリーニ / ルイージ・マレルバ / トゥリオ・ピネリ / ヴィットリオ・ヴェルトローニ / チェーザレ・ザヴァッティーニ

略歴・概要編集

本作は、1953年、スター俳優を一切起用せずにファロ・フィルムが製作、イタリアラツィオ州ローマ県ローマ市内各所でロケーション撮影を行って完成、同年11月26日にイタリア国内で公開された[1]

日本では、劇場公開されていないが、フェデリコ・フェリーニの監督デビュー作でアルベルト・ラットゥアーダとの共同監督作『寄席の脚光』に次ぐ作品として、フェリーニが監督した第四話の『結婚相談所』というタイトルとともに、『巷の恋』のタイトルで多く紹介されていた。時期は不明であるが、日本テレビ放送網が『都市の恋』のタイトルで放映したことがあり、1997年(平成9年)11月28日には東北新社がVHSのフォーマットで『街の恋』に改題してビデオグラム発売した[2]

スタッフ編集

キャスト編集

クレジットされた俳優のうち、映画界に残った者のみ[1]

クレジット順

関連事項編集

編集

  1. ^ a b c Love in the City, Internet Movie Database (英語), 2010年8月25日閲覧。
  2. ^ a b c 街の恋、allcinema ONLINE、2010年8月25日閲覧。
  3. ^ Riccardo Ghione - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  4. ^ Gianni Polidori - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  5. ^ Donatella Marrosu - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  6. ^ Nella Bertuccioni - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  7. ^ Livia Venturini - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  8. ^ Angela Pierro - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  9. ^ Rita Andreana - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  10. ^ Lia Natali - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  11. ^ Cristina Grado - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  12. ^ Ilario Malaschini - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  13. ^ Sue Ellen Blake - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  14. ^ Silvio Lillo - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  15. ^ Patrizia Lari - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  16. ^ Edda Evangelista - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  17. ^ Liana Poggiali - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  18. ^ Marisa Valenti - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  19. ^ Maria Pia Trepaoli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。
  20. ^ Mario Bonotti - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月25日閲覧。

外部リンク編集