メインメニューを開く

市河 寛斎(いちかわ かんさい、寛延2年6月16日1749年7月29日) - 文政3年7月10日1820年8月18日))は、江戸時代儒学者で漢詩人。名は世寧、字は子静、嘉祥、号は寛斎、半江、江湖詩老。

概説編集

江戸生まれとも上野国(いまの群馬県)出身ともいう。父は書家の市河蘭台[1]幕末の三筆市河米庵は長子。画家の鏑木雲潭は次男。養父多胡碑を世に紹介した高橋道斎

林家に学ぶが、1790年(寛政2年)に寛政異学の禁を批判したため昌平黌を追われ、1791年(寛政3年)から1811年(文化8年)まで富山藩藩校広徳館の教授となった。また掛川藩世子の侍講も務めた[2]

また、1787年(天明7年)に神田で江湖詩社を開き、柏木如亭菊池五山らに漢詩を指導した[3]

著書に『日本詩紀』がある。これは、日本の奈良時代から平安時代末までの漢詩約3,800首を集めて作者別に編成した詩集で、目録1巻、本集50巻、別巻1巻、外集1巻より構成される。

全唐詩逸』は、康熙帝の勅撰漢詩集で唐代全部の詩を収録したとされる『全唐詩』から遺漏したものを集めて出版したもので、これは、当時の中国の学者をおおいに驚かせている。

墓は、荒川区西日暮里本行寺

脚注編集

参考文献編集