メインメニューを開く

市駅(いちえき)は、かつて広島県御調郡御調町(現尾道市)市(いち)に位置していた、尾道鉄道廃駅)である。

市駅
いち
ICHI
諸原 (2.1km)
所在地 広島県御調郡御調町(現尾道市)市(いち)
所属事業者 尾道鉄道
所属路線 尾道鉄道線
キロ程 17.1km(尾道起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1926年大正15年)4月28日
廃止年月日 1957年昭和32年)2月1日
備考 路線廃止に伴う駅廃止
テンプレートを表示

概要編集

相対式ホーム2面2線の地上駅で、留置線を1本備えており、木造駅舎を設けていた[1]。市(いち)地区は街道の山陽道に沿った宿場町であったが、駅の位置はその中心部から数百m離れていた。

当駅からさらに現・府中市上下町や三次市まで路線を延長し、陰陽連絡路線となす計画もあったが、実現しなかった[2]。その代わりともいうべきか、当駅から発着するバスによって、上下や三次、府中などへと連絡していた[3]

鉄道路線廃止後、駅跡は2017年現在中国バス市出張所・中国交通みつぎ営業所となっている。

歴史編集

駅周辺編集

現状編集

尾道鉄道廃止後、駅跡は中国バスの出張所・中国交通の営業所となっている。

隣の駅編集

尾道鉄道
尾道鉄道線
諸原駅 - 市駅

脚注編集

参考文献編集

  • 前田六二(編)『消えた鉄路尾道鉄道』前田六二、1992年2月29日。
  • 尾道学研究会『タイムスリップ・レール…オノテツ』尾道学研究会、2011年3月31日、初版。

関連項目編集