メインメニューを開く

平井車庫(ひらいしゃこ)は、兵庫県宝塚市にある阪急電鉄車庫阪神石屋川車庫南海住ノ江検車区と同じく、高架式となっている。

1971年、池田車庫から移転。プログラム式進路設定装置(PTC)を新築時から導入した。

車庫は 雲雀丘花屋敷駅宝塚方のJR宝塚線南側に展開しているため、入出庫は全て梅田方にある雲雀丘花屋敷駅から行う。出入庫の線路はJR線をオーバークロスしている。

宝塚本線箕面線の全車両が所属し、全般検査、重要部検査以外の検査を行う。

停泊・入庫する際、梅田・宝塚両始発では雲雀丘花屋敷行列車として運行している。

所属車両編集

所属している編成は以下のとおり。

  • 5100系 - 5100F、5104F、5106F、5128Fの8両編成、5132F、5134Fは4両編成が所属。全車能勢電乗り入れ非対応。4両編成は箕面線用、8両編成は本線をメインに活躍している。
  • 6000系 - 6000F、6001F、6002F、6003F、6005F、6006F、6007F、6011F、6013F、6015Fの8両編成が所属。6006F、6007F、6013F、6015Fは8両編成だが、7000系または8000系の2両編成を組んだ10両編成で朝ラッシュの宝塚線通勤特急に使用される。4両編成の6014F、6024Fは箕面線用。また、8両編成のうち、6002F、6005F、6011Fは能勢電乗り入れ対応で日生エクスプレスに充当されることがある。また、6002Fは能勢電鉄に譲渡されているが、所属は平井車庫所属のままである。6011Fは先頭車に金具が設置されており、日生エクスプレスのほか、車両不足時に宝塚線通勤特急10両運用指定編成に充当されることがある。
  • 7000系 - 7011F、7015F、7018Fの8両編成、7024Fの4両編成、7026F、7031F〜7033Fの2両編成が所属。7018Fには先頭車に金具が設置されているため、車両不足時に宝塚線通勤特急10両運用指定編成に充当されることがある。全車能勢電乗り入れ未対応。7026Fを除く2両編成は通勤特急の増結用で、6000系などと組んで運用される。7024Fは4両編成、7026Fは2両編成だが、8030F+7024F+7026Fと組んで運用されている。
  • 8000系 - 8004F〜8007Fの8両編成と8030F、8034F、8042Fの2両編成、8040F+8041Fの2+2の4両編成が所属。8030Fを除く8両編成全てが能勢電乗り入れ対応。8030Fは2両編成だが、7024F+7026Fの6両編成と組んで8両編成で運用されている。8040F+8041Fの2+2の4両編成は箕面線の線内運用を中心に活躍されている。8030Fを除く2両編成は通勤特急の増結用で、6000系などと組んで運用される。
  • 9000系 - 9001F、9003F、9005F、9007F、9009F、9010Fの8両編成が所属。全車神戸線予備車、能勢電乗り入れ非対応。
  • 1000系 - 1001F、1003F、1004F、1006F、1009F、1012F、1013F、1015Fの8両編成が所属。1012Fは神戸線への貸出経歴がある。当車庫所属車両に限り能勢電乗り入れ対応(神戸線車両が宝塚線に貸し出された場合は能勢電乗り入れに入らない)。

関連項目編集

出典編集