メインメニューを開く

平壌地下鉄千里馬線

平壌の地下鉄路線

千里馬線(せんりません、チョルリマソン)は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)・平壌地下鉄路線。路線延長は約20km。

千里馬線
平壌地下鉄路線図(赤い線が千里馬線)
平壌地下鉄路線図(赤い線が千里馬線)
基本情報
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
所在地 平壌
路線網 平壌地下鉄
起点 復興駅(復興〜烽火駅間は万景台線)
終点 赤い星駅
駅数 8駅
開業 1973年9月6日
路線諸元
路線距離 約 20 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
電化方式 直流825V 第三軌条方式
テンプレートを表示
千里馬線
各種表記
ハングル 천리마선
漢字 千里馬線
発音 チョルリマソン
日本語読み: せんりません
英語表記: Chollima line
テンプレートを表示

概説編集

朝鮮半島では最初に開業した地下鉄路線である。正式路線名は千里馬線(赤い星駅 - 烽火駅間)と万景台線(烽火駅 - 復興駅間)に分かれるが、両路線とも一体的に運行されている。

革命を描いた壁画に彩られ、特に万景台線区間の駅である復興駅・栄光駅は様々な石材やシャンデリアを使った豪華な内装が自慢である。また戦時の核シェルターを兼ねるためか、地中深く(地下約105mとも云われる)に駅が存在する。

外国人観光客はかつて復興駅 - 栄光駅間しか乗車が許されていなかったが、現在ではその先へ行くことも可能となっている。

将来は、革新線光復駅 - 千里馬線復興駅間に新線を建設するという構想がある[1]。過去には烽火駅から、平壌市内を流れる大同江の下をくぐり大同江区域(東平壌)まで延伸する計画もあり、実際にトンネル掘削も行われたものの、建設が失敗に終わったと言われている[2]。1980年代には平城市への延伸計画も存在したが、試掘の結果技術的な限界にぶつかり断念したとされる[2]

歴史編集

駅一覧編集

  • 駅名は革命にちなんだものであり、どこの地区に存在しているか判別できない。ガイドブックに記された大体の位置を以下に示す。概ね、市街の西から平壌駅を経由し、市街を南北に縦断し北郊に抜けている[3]
  • 駅所在地は全線平壌直轄市内。
駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km) 接続路線・駅の大体の位置 所在地 線籍上の路線名
日本語 朝鮮語 英語
復興駅
(火力発電所)
부흥역
(화력발전소)
Puhung 0.0 0.0 普通江ホテル周辺 平川区域 万景台線
栄光駅
(平壌駅・学生映画館)
영광역
(평양역・학생영화관)
Yonggwang     北朝鮮鉄道省平義線平釜線平南線平壌駅 中区域
烽火駅
(党創立事績館)
봉화역
(당창립사적관)
Ponghwa     芸術劇場
千里馬線
勝利駅
(1百貨店)
승리역
(1백화점)
Sungri     金日成広場
統一駅
(青年公園)
통일역
(청년공원)
Thongil     青年公園:牡丹峰南側付近
凱旋駅
(凱旋門)
개선역
(개선문)
Kaeson     金日成競技場牡丹峰西側付近 牡丹峰区域
戦友駅
(4.25文化会舘)
전우역
(4.25문화회관)
Jonu     平壌地下鉄革新線戦勝駅
4・25文化会館
赤い星駅
(2病院)
붉은별역
(2병원)
Pulgunbyol   20.0 平壌第2病院 大城区域

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 出典:国分隼人『将軍様の鉄道』
  2. ^ a b 平壌地下鉄、電力難で不規則運行…金正恩氏自慢の「新型」活躍できず - デイリーNKジャパン・2017年12月8日
  3. ^ 『朝鮮観光案内』 p24, 「平壌地下鉄」(朝鮮新報社出版事業部、1992年)