メインメニューを開く

平島 敏夫(ひらしま としお、1891年明治24年)11月4日[1] - 1982年昭和57年)2月14日)は、日本の政治家弁護士、教育者。衆議院議員(1期)、自由民主党参議院議員(3期)、南満州鉄道副総裁、2代目大東文化大学学長

目次

経歴編集

宮崎県出身。1918年東京帝国大学法科大学法律学科(英法)卒[2]内務属、長崎県理事官、南満州鉄道秘書役、同参事、台湾総督府秘書官兼事務官などを務め[2]弁護士を経て司法大臣秘書官となる[2]1932年、郷里の宮崎県から第18回衆議院議員総選挙立憲政友会公認で立候補して当選する[2]。その後、満州国に渡り、協和会総務部長、錦州省次長を経て、南満州鉄道に戻り、同理事、副総裁の他、満州電業理事長などを歴任した[2]

戦後、公職追放となった[3]。追放解除後は電源開発理事となり[2]佐久間ダムの補償を担当した。1956年第4回参議院議員通常選挙宮崎地方区から自由民主党公認で立候補して初当選。連続3期務めた。在任中は運輸、予算、外務の各委員長を歴任した。1974年第10回参議院議員通常選挙に出馬せず引退、1982年に死去した。

この他、1958年から1962年まで大東文化大学学長を務めた。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』517頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』535頁。
  3. ^ 『朝日新聞』1946年2月28日一面。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
学職
先代:
土屋竹雨
大東文化大学学長
2代 : 1958年 - 1962年
次代:
南条徳男