メインメニューを開く
 
平伊望
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 元慶5年(881年
死没 天慶2年11月16日(939年12月29日
官位 従三位大納言
主君 宇多天皇醍醐天皇朱雀天皇
氏族 桓武平氏高棟
父母 父:平惟範、母:人康親王
兄弟 時望伊望
統理、善理、実望
テンプレートを表示

平 伊望(たいら の これもち)は、平安時代前期の公卿桓武平氏高棟流、中納言平惟範の次男。官位従三位大納言

官歴編集

  • 寛平9年11月23日(897年12月20日)、従五位下に叙位。
  • 昌泰3年5月15日(900年6月14日)、尾張権守に任官。
  • 延喜5年4月5日(905年5月11日)、中務少輔に転任。
  • 延喜9年1月17日(909年2月10日)、従五位上に昇叙。中務少輔如元。
  • 延喜11年2月15日(911年3月18日)、勘解由長官[1]を兼任。
  • 延喜13年4月15日(913年5月23日)、右兵衛佐を兼任。
  • 延喜16年
    • 3月20日(916年4月24日)、左衛門佐に遷任。
    • 9月23日(916年10月22日)、昇殿を聴される。
  • 延喜17年
    • 5月20日(917年6月12日)、左近衛権少将に転任。
    • 11月17日(918年1月12日)、正五位下に昇叙し、左近衛権少将如元。
  • 延喜18年正月12日(918年2月25日) 兼讃岐権介
  • 延喜19年正月28日(919年3月3日) 轉左近衛権少将。
  • 延喜21年
    • 1月7日(921年2月17日)、従四位下に昇叙。左近衛権少将如元。
    • 1月30日(921年3月12日)、春宮[2]亮を兼任。
    • 2月7日(921年3月19日)、昇殿を聴される。
    • 3月4日(921年4月14日)、蔵人頭に補任。左近衛権少将・春宮亮如元。※少将で蔵人頭と就る例。
  • 延喜22年1月30日(922年3月1日)[3]、讃岐守を兼任。
  • 延長元年6月26日(923年8月11日)、式部権大輔を兼任。左近衛権少将如元。
  • 延長3年1月30日(925年2月25日)、中宮[4]権大夫を兼任。
  • 延長5年1月12日(927年2月16日)、参議に補任。中宮権大夫・式部権大輔如元。
  • 延長6年(925年
    • 1月7日(928年2月1日)、従四位上に昇叙し、参議・中宮権大夫・式部権大輔如元。
    • 1月29日(928年2月23日)、越前権守を兼任。
    • 6月9日(928年6月28日)、式部権大輔より式部大輔に転じ、兼任。
  • 延長8年(925年
    • 1月29日(930年3月2日)、備前守を兼任。越前権守の任替か?
    • 月日不詳、中宮権大夫より中宮大夫に転じ、兼任。
  • 承平元年11月28日(932年1月8日)、中宮藤原穏子皇太后になるに及び、中宮職は皇太后宮職とその名を変更し、これに伴い、皇太后宮大夫を兼任となるが、依然として、皇太后藤原穏子は、中宮を称える。
  • 承平2年
    • 1月7日(932年2月15日)、正四位下に昇叙し、参議・皇太后宮大夫・式部大輔・備前守如元。
    • 8月30日(932年10月2日)、式部大輔の兼任を止め、民部卿を兼任。
  • 承平3年10月24日(933年11月14日)、備前守の兼任を止め、伊予守を兼任。
  • 承平4年
    • 3月28日(934年5月14日)、正四位上に昇叙し、参議・皇太后宮大夫・民部卿・伊予守如元。
    • 12月21日(935年1月28日)、中納言に転任し、従三位に昇叙。民部卿・皇太后宮大夫如元。
  • 承平5年(935年)、皇太后宮大夫から、中宮大夫に官名変更。皇太后藤原穏子、中宮を称する所以。
  • 承平6年(936年)、撰国史所別当に補任。(いわゆる新国史編纂)
  • 天慶元年6月23日(938年7月22日)、大納言に転任。民部卿・中宮大夫如元。
  • 天慶2年11月26日(939年12月29日)、薨去。

系譜編集

  • 父:平惟範
  • 母:人康親王
  • 妻:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:平統理
    • 男子:平善理
    • 男子:平実望

脚注編集

  1. ^ 或いは勘解由次官。
  2. ^ 醍醐天皇皇子・保明親王
  3. ^ 或いは1月20日(922年2月19日)。
  4. ^ 関白藤原基経の娘・醍醐天皇中宮藤原穏子

参考文献編集

公卿補任