平松伸二

日本の漫画家

平松 伸二(ひらまつ しんじ、1955年8月22日 - )は、日本漫画家岡山県高梁市出身、東京都葛飾区柴又在住[1]血液型はO型。代表作に『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェルズ』『マーダーライセンス牙』など。妻は漫画原作者の安江うに[2]

平松 伸二
生誕 (1955-08-22) 1955年8月22日(65歳)
日本の旗 日本岡山県高梁市
職業 漫画家
ジャンル 少年漫画青年漫画
代表作ドーベルマン刑事
ブラック・エンジェルズ
マーダーライセンス牙
テンプレートを表示

来歴編集

中学生の頃から漫画を描き始める。岡山県立高梁高等学校1年生の時に描いた『勝負』(週刊少年ジャンプ)でデビュー。在学中に5、6本の読み切りが載り、編集者である後藤広喜にスカウトされて上京。中島徳博アシスタントとして働いたのち、1974年『ドーベルマン刑事』で連載デビュー。

法で裁けない悪党・外道を徹底的に叩き潰す主人公たちの活躍を描いた作品が多い一方、『リッキー台風』や『どす恋ジゴロ』といった格闘技漫画も少なからず描いており、両作品ともセクシー描写が多く導入されている。主人公は屈強ながらも中性的な美貌の主として描かれることが多く、『マーダーライセンス牙』ではついに両性具有ヒーローという大胆な趣向に挑んだ。

2015年、「ドーベルマン刑事」連載40周年&「ブラック・エンジェルズ」完結30周年を迎えるにあたり、ケンドーコバヤシが司会を務めるテレビ番組『漫道コバヤシ』(2015年7月21日放送、『祝!「ドーベルマン刑事」連載40周年&「ブラック・エンジェルズ」完結30周年!平松伸二SP』、フジテレビONE)に出演し、製作秘話などを多く語った[3]

2015年春頃から自身の代表作のイラストにを融合させた作品を「漫書」と称して発表している。それらの作品は展示会の会場およびネット通販で購入が可能である。

趣味は格闘技観戦。60歳を超えてからも毎日トレーニングを欠かさず、ボランティア活動にも積極的に取り組むというストイックな一面がある[4]

作品リスト編集

読切編集

  • モモタロー'87(単行本『モンスターハンター 平松伸二短編集』に収録)

アルバムジャケット編集

師匠編集

アシスタント編集

脚注編集

  1. ^ “地元で活躍の漫画家・平松伸二さんと交流 葛飾会議企画、区民ら30人”. TOKYO Web (中日新聞東京本社). (2018年1月20日). オリジナルの2018年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180620153317/http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201710/CK2017101502000105.html 2021年5月13日閲覧。 
  2. ^ ウワサの葛飾人(1人目) 柴又の外道漫画家「平松伸二」先生”. ウワサの葛飾. じも研 (2015年4月23日). 2021年5月13日閲覧。
  3. ^ 【解禁】漫道コバヤシ#18は平松伸二先生!”. 「漫道コバヤシ」公式ブログ (2015年6月27日). 2016年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月13日閲覧。
  4. ^ 【田中圭一のペンと箸―漫画家の好物ー】第19話:『ドーベルマン刑事』平松伸二と水道橋の焼肉屋”. みんなのごはん. ぐるなび (2016年3月17日). 2021年5月13日閲覧。
  5. ^ 今谷鉄柱”. きずな出版. 2021年2月17日閲覧。

外部リンク編集