メインメニューを開く

平林 二郎(ひらばやし じろう、1949年1月5日 - )は、愛知県出身の元プロ野球選手内野手)。

平林 二郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市昭和区
生年月日 (1949-01-05) 1949年1月5日(70歳)
身長
体重
179 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1981年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

目次

来歴・人物編集

愛知・中京商高では3年時の1966年に、1962年作新学院に続く史上2校目の春夏連覇を達成した。春の選抜は決勝で土佐高を1-0で降す[1]夏の選手権は、決勝でエース西本明和を擁する松山商との接戦を制し優勝[2]。自身もトップバッター、三塁手として活躍し、甲子園では8盗塁を記録している。高校同期にはエースの加藤英夫捕手矢沢正右翼手伊熊博一がいる。また1年下に控え捕手大島忠一、2年下に控え投手の水谷則博がいた。

同年の第2次ドラフト1位で阪急入団。もっぱら代走要員、内野の守備固めとして起用されるが、1973年には大橋穣に代り、主に遊撃手として18試合に先発出場を果たす。入団時は右打であったが脚力を活かすため14年目にスイッチヒッターに転向し、話題となった。1972年から1978年に5回の日本シリーズに出場。出場9試合のうち代走7試合、遊撃の守備固め3試合(1試合は代走の後に遊撃手に入る)、打席には入らなかった。1981年限りで現役引退。

引退後は郷里愛知県でアパートの経営をつとめる。2010年7月より愛知大学野球リーグ3部の名古屋経済大学野球部監督。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1967 阪急 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1968 31 1 1 9 1 0 0 0 1 0 7 1 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
1969 1 2 2 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 1.000 1.500
1971 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .500 .000 .500
1972 41 16 16 13 6 0 0 1 9 1 8 2 0 0 0 0 0 2 1 .375 .375 .563 .938
1973 85 79 71 15 15 1 2 0 20 6 6 5 4 1 2 0 1 12 0 .211 .240 .282 .522
1974 108 63 54 19 12 1 0 0 13 3 26 9 2 1 6 0 0 11 0 .222 .295 .241 .536
1975 66 9 8 9 2 0 0 0 2 1 5 3 1 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
1976 63 15 13 10 4 0 0 0 4 0 1 2 2 0 0 0 0 0 0 .308 .308 .308 .615
1977 26 2 2 3 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1978 48 18 15 10 3 0 0 0 3 0 2 1 0 0 3 0 0 1 2 .200 .333 .200 .533
1979 28 16 14 6 4 0 0 0 4 0 2 1 1 0 1 0 0 5 0 .286 .333 .286 .619
1980 71 9 8 17 0 0 0 0 0 0 7 0 1 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1981 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:14年 573 232 205 111 48 3 2 1 58 11 66 24 11 2 13 0 1 37 3 .234 .281 .283 .563

背番号編集

  • 7 (1967年 - 1971年)
  • 40 (1972年 - 1981年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集