メインメニューを開く
広島東洋カープ > 広島カープの歌

広島カープの歌」(ひろしまカープのうた)は、日本プロ野球セントラル・リーグに所属する広島カープ(後の広島東洋カープ)の初代球団歌。1953年昭和28年)発表・制定。現在は「勝て勝てカープ」に改題され、公式応援歌として存続している。球団応援歌の元祖ともいわれる[1]

広島カープの歌
楽曲
リリース 1953年
ジャンル 球団歌
作詞者 池田真琴
作曲者 山本寿

解説編集

1949年(昭和24年)末の2リーグ分裂に呼応して1950年(昭和25年)に創設された広島カープの球団歌制定に当たって公募を実施し、266件の応募作の中から東京都在住の池田真琴が応募した歌詞が入選作となり、山本寿の作曲により同年のシーズンより球団歌として使用された[2]。作詞者の池田は当時、都内の出版社に勤務しており1980年(昭和55年)に中国新聞社より刊行された『カープ30年』でインタビューに応じた際は自身にカープの地元である広島県と特に地縁があった訳ではなく、またカープのこともよく知らなかったと述べており趣味としての作詞の応募の一環で投稿した作品が採用された経緯を明らかにした。池田の別ペンネームには「椿三平」があり、1968年(昭和43年)に制定された読売ジャイアンツの3代目球団歌「闘魂こめて」はこのペンネームで応募した歌詞が採用されている。

1975年(昭和50年)、新監督に就任したジョー・ルーツの提案でチームカラーにを取り入れるなどの球団改革が実施された一環で有志が結成した「カープを優勝させる会」の有馬三恵子が作詞、宮崎尚志が作曲を担当した「それ行けカープ」が新球団歌に制定されるが、この際に従来の「広島カープの歌」は歌詞の一部を変更して公式応援歌「勝て勝てカープ」に改題され塩見大治郎の歌唱で「それ行けカープ」のB面に収録された。ルーツはわずか14試合で監督を辞任するが、後任の古葉竹識率いるカープは前年の最下位から一転して悲願の初優勝を為し遂げ、日本全国に「赤ヘル旋風」を巻き起こした。

「勝て勝てカープ」については、上記レコード盤のジャケット裏面の歌詞カードに、「この曲は昭和27年に『カープの歌』として作られたものでありますが、作詩者(原文のまま):池田真琴氏の連絡先が判明致しておりませんので、ご存知の方は弊社(CBS・ソニー)までお知らせください。」と初発盤・再発盤ともに記述されていた。

参考文献・脚注編集

  • 富沢佐一・中国新聞社(編)『カープ30年』(1980年2月15日初版発行)

脚注編集

  1. ^ 「乱セの球団応援歌の乱売合戦」『週刊朝日』、朝日新聞社、1975年9月12日号、 36–37頁。
  2. ^ 中国新聞』1953年3月21日付。