メインメニューを開く

広島清美

広島 清美(ひろしま きよみ、1923年6月20日 - )は、青森県出身の元プロ野球選手投手)。

目次

来歴・人物編集

青森県立五所川原農林高等学校から1942年大和軍へ入団。8試合に登板し、完投を2度したものの0勝4敗に終わった。翌1943年まで在籍し、この年は3試合の登板に留まったが、5月23日朝日軍戦では3回から4点ビハインドの場面で登板し5イニング2失点だったが、味方が7回に一挙7点を挙げ(広島自身も1打点をマーク)最後は片山栄次のリリーフを受けたものの唯一の勝利を記録した。

背番号編集

  • 7 (1942年 - 1943年)

成績編集

11試合1勝4敗2完投6奪三振38回2/3、防御率3.47

関連項目編集