メインメニューを開く

広島 清美(ひろしま きよみ、1923年6月20日 - )は、青森県五所川原町(現:五所川原市)出身[1]の元プロ野球選手投手)。

広島 清美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県五所川原町(現:五所川原市
生年月日 (1923-06-20) 1923年6月20日(95歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1942年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

青森県立五所川原農林高等学校から1942年大和軍へ入団。8試合に登板し、完投を2度したものの0勝4敗に終わった。

1943年まで在籍し、この年は3試合の登板に留まった。5月23日朝日軍戦では3回から4点ビハインドの場面で登板し5イニング2失点だったが、味方が7回に一挙7点を挙げ(広島自身も1打点をマーク)最後は片山栄次のリリーフを受けて唯一の勝利を記録した。

2004年時点において、五所川原出身で唯一のプロ野球選手である[1]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1942 大和 8 4 2 0 0 0 4 -- -- .000 122 28.2 23 1 16 -- 0 5 0 0 13 13 4.03 1.36
1943 3 1 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 39 10 3 0 6 -- 0 1 0 0 2 2 1.80 0.90
通算:2年 11 5 2 0 0 1 4 -- -- .200 161 38.2 26 1 22 -- 0 6 0 0 15 15 3.46 1.24

背番号編集

  • 7 (1942年 - 1943年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『完全版 プロ野球人国記』北海道・東北編、ベースボール・マガジン社、2004年7月10日、57頁。ISBN 4583038054

関連項目編集

外部リンク編集