メインメニューを開く

建畠 晢(たてはた あきら、1947年8月1日 - )は、日本の詩人美術評論家埼玉県立近代美術館館長。多摩美術大学学長・美術学部芸術学科客員教授。元国立国際美術館長、京都市立芸術大学学長。専門は現代美術

兄は彫刻家日本大学芸術学部教授建畠朔弥、父は彫刻家の建畠覚造、祖父は彫刻家の建畠大夢

目次

経歴編集

京都府生まれ[1]早稲田大学文学部仏文学科卒業。「芸術新潮」編集者、国立国際美術館主任研究官を経て、1991年、多摩美術大学美術学部芸術学科助教授、1995年、同教授、2005年より客員教授、2015年より学長。2005年、国立国際美術館長、独立行政法人国立美術館理事に就任。2011年より京都市立芸術大学学長、埼玉県立近代美術館館長。2017年草間彌生美術館館長[2]。この間、コロンビア大学客員研究員(2000-2003年)、東京藝術大学客員教授(2008-2010年)などを務める。

1990年、1993年、ヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、2001年、横浜トリエンナーレアーティスティック・ディレクター、2010年、あいちトリエンナーレ芸術監督。

また、詩人としては、1991年に『余白のランナー』で第2回歴程新鋭賞、2005年に『零度の犬』で第35回高見順賞、2013年に『死語のレッスン』で第21回萩原朔太郎賞を受賞。

著書編集

単著編集

  • 詩集 余白のランナー 思潮社 1991.4
  • 詩集 そのハミングをしも 思潮社 1993.7
  • 詩集 パトリック世紀 思潮社 1996.6
  • 問いなき回答 オブジェと彫刻 五柳書院 1998.6
  • 未完の過去 絵画とモダニズム 五柳書院 2000.2
  • 詩集 零度の犬 書肆山田 2004.11
  • ダブリンの緑 五柳書院 2005.5
  • 詩集 死語のレッスン 思潮社 2013.7

共編著編集

  • 騒々しい静物たち 篠田達美共著 新潮社 1993.9 (とんぼの本)
  • 現代アート入門 <今>に出会う歓び 小林康夫共編 平凡社 1998.9
  • 現代美術、彼らにとっての存在理由 多摩美術大学建畠ゼミ2000 2001.1
  • ミュージアム新時代 世界の美術館長によるニュー・ビジョン 慶應義塾大学出版会 2009.3

脚注編集

外部リンク編集